スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワントップ体制2 

 今日は前記事ワントップ体制の続き。

 前記事に引き続き、今回は固定砲台型の天狗で挑んでみた。

 前回はDPS840位の近接Tengu1隻で挑んで48分位かかった。今度はヘビーミサイル搭載の砲台型tengu。DPSは680位だったかな?

 移動しないで済む分中の人は楽だし、残骸も散らばらない。敵にWEBられて攻撃が届かない!何てことも無い。固定砲台だから常時安定してDPSを投射し続ける事が出来る。

 その結果。掛かった時間は1時間ちょっと。残念ながら近接高火力型tenguの方が殲滅速度は速く済むようだ。となると、近接型Tenguを効率化する方向で考えた方がいいな。

 近接型の問題は、WEBられて敵に攻撃が届かず、実効DPSが下がってしまう時間があること。なれば、無理やり攻撃を届くようにすればいいじゃまいか!

 という事で、今までは火力型のヘビーアサルトミサイルだけだったのだが、飛距離が伸びるタイプのT2ヘビーアサルトミサイルも導入する事にした。これなら多少DPSは下がるが40km以上届くので、WEBられても常に火力を投射できる。火力型T2ミサイルの射程まで寄れた段階で弾薬を入れ替えればよいだろう。

 さらに、リペア担当のバシリスク。こいつら普段はリペアドローンしか積まないのだが、これを戦闘ドローンに変更する事にした。対ガーディアン6隻戦に関してはMODによるリペアだけで十分対応可能なので、リペアドローンの出る幕は無いのだ。

 Lドローンでも10機居ればDPS180位にはなる。T2セントリー1基でも良い。攻撃担当キャラにアシスト設定しておけば、自動で攻撃補助に回ってくれるから楽だし。

 今度はこの新ワントップ体制でどれ位短縮できるか試してみよう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/988-ee836820

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。