スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑星の侵略者 

 今日は凶悪な暴君がやってきた!

 惑星開発をやっていると、惑星上にぽんぽん自由に施設を置けますな。しかし、WHのような無人惑星ならともかく、既知領域なら当然その惑星には住人もいるわけで・・・ 

■Believe it or Not さんより
EVE Online Chronicle 翻訳: 宇宙からの侵略(Xenocracy)

http://tenjinraijin.jugem.jp/?eid=711

 これはひどすぎるwww  いや、確かに施設置く時に立ち退き交渉とかしてないけどさwww これはなんと言うか、他人の財産権とか生存権の侵害に他ならないのではなかろうかw

 てっきりこの辺はストーリー作って合意した状態でやっているのだと思ったがなあ。まさか単なるごり押しとは。

 でもこの話に出てきたカプセルパイロットの惑星表面に対する攻撃をしてしまったら明らかに犯罪だろう。いくらEVE宇宙でも殺人・恐喝・器物破損等の一般的な犯罪でつかまるだろうし。なんか色々条約違反ぽい。そのうちこういう無法者が取り締まられた というニュースが流れるんじゃなかろうかw

コメント

思うに

tyrannizeという言葉が
「暴君として振舞う」「しいたげる」
ですから、実際に撃たないにしても
威嚇目的は容認されているのかも。

Tyarannisのティザームービーでも
なんかそういうメッセージがありましたし。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/976-73cd73ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。