スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然なるままに 

 今日はとりとめも無く。

 まーだメンテ続いてますなあ。CCPのツイッター広報によると、日本時間の今夜21:00までには復旧させるとか言ってるらしいが・・・。ここまでトラブルで伸びるのも珍しいな。
http://twitter.com/ccp_fallout

 さて、仕方ないので他の話題で。

 先日C5のスリーパー攻略時にドミを沈めてしまった。急な離席で一旦退避指示を出したはずだったのだが、運悪くスクラムかかったままの奴が取り残されてそのままあぼーん。ちょうどECMの切れ目でスクラムが復活してしまったのだろう。

 すぐ予備の艦で復旧したのだが、見舞い金が16Mしか振り込まれていなかった。無保険状態でも以前は30M近く出てた気がしたんだがなあ。こないだのアップデートで、保険金がミネラル価格相場に準拠するようになった影響か。

 そういえば、この保険金ってのもシステムからプレイヤーに供給されるiskだよな。今まで意識してなかったけど、堀士がミネラルを掘る→船に加工する→その船が沈む→システムからiskが供給される という流れで、堀も間接的にiskを生み出す行為で、ミッションランナーがバウンティを稼ぐのと同じだったんだなあ。

 システムから供給されるiskとしては、NPCを倒したときのバウンティ、船が落ちたときの保険金、スリーパーデータシートのNPC買取、その他トレードグッズのNPC買取位か。これ以外の商取引は、全てプレイヤー間をiskが移動しているだけで、システム側からiskが沸いているわけではない。

 対してシステムが回収するiskは、スキル本等のNPC販売品、SOV維持の税金、マーケットで売買する際の税金&手数料 、その他NPC売りトレードグッズ辺りかな。

 今まではPOS製品もNPC売りされていたが、ティラーニスでプレイヤー生産に移行した。これだけ見るとiskの回収量が減ってインフレに向かいそうな気もするが、保険金支払いによるisk供給減少、PI素材の市場取引手数料によるisk回収増加、等でバランスを取っているのだろう。マーケット
の手数料って馬鹿に出来ないし。

 公開される事はないだろうけど、一度システムによるISK供給・回収の状況をグラフで見てみたい物だw

 そういや、保険金で鉱石をiskに変えられるなら、ラッティングするのと変わらないよな。0.0で掘って、BSに加工して、保険掛けて、自爆もしくは撃沈することで、マーケットで売る手間を掛けなくてもシステムからiskを取り出す事が出来る。まあ、時給ベースで見るとラッティングした方が効率よさそうだけど。

 ドローン領域なんかはラッティングしてもバウンティもらえずに不遇だったが、この辺効率的にどうなんだろう。確かドローン鉱石も溶かした場合のミネラル量に調整が入ったらしいが・・・?


 堀といえばHulkだが、またHULK撃墜祭りがあるらしいなあ。Hulkageddon ハルカゲドンとかなめてんのかと。

 EVE宇宙のアウトロー共が、一般ピーポーのHULKやマッキンをKamikazeしてそのスコアを競うという最悪の祭り。確実にミネラル供給は滞るし、氷の堀も減ってしまう。生産者や一般消費者は迷惑するだけだな。氷系の燃料やミネラル系材料、予備のHulkを買っておくか、いっそ落とされないように他の活動して避難しておいた方が良いかもしれない。
 
 期間は7月9日(金)~7月18日(日)らしいが、まずこの前後1週間も危なそうだなあ。終わった後も続けるゴミがいるだろうし。

 確かにEVEの仕様の中で出来ることだけど、出来る事はなんでもやっていいってもんじゃない。やるかどうかはあくまで個人のモラルの問題だ。

 HI領域で普通にプレイしている人の気持ちを考えたらとても喜んで参加できるこっちゃない、まさにDQNの祭典だな。堂々と参加表明してるやつはDQNリスト入り確定。

 まあ、LOW・0.0・WHなら堀船が襲われても仕方ないがね。ハイリスクハイリターンの稼業だし。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/971-6c615ee5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。