スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑星開発狂想曲 

 今日は惑星開発(PI)のその後について

 前記事ではPI製品の換金をどうするのかわかっていなかったが、その後新たな事実が判明した。

 今までNPC売りされていたPOS関連の部品やSOV関連の設備系のアイテムが、すべてNPC売りから撤去され、プレイヤーによる生産へ切り替わることになったそうだ。PI生産品はこれらの材料として使われることなる。

 ティラーニス実装の5/26時点で、設備のBPO販売開始、NPCによる販売も継続中 という状態だった。

 ところが、設備のBPO導入でCCPがやらかした。一部のアイテムを溶かすと、販売価格に見合わない部品が出てしまう事がわかった。おかげでその部品だけ数万個が一気にNPCから販売されるという事態に陥った。

 こういう買いだめとか買占めとか金がからむ変更は実装まで秘密にしておくのがCCPのやり方だからなあ。テスト鯖でのチェックが為されていないので、CCPも見逃してしまったようですな。

 これのせいで5/31現在、一旦全設備系アイテムがNPC売りから撤去された。近いうちに戻すらしいが、何らかの溶かし対策をしてくるだろう。1個づつしか買えないようになっているとか、該当アイテムだけ溶かし禁止の措置でもかけるのか、そもそも材料の数を調整するのか。

 NPC売りもPIが稼動するまでの一時的な措置との事で、時期は明示されていないが近々で完全にプレイヤー生産のみになる予定らしい。

 とりあえず騒動についてはこんな感じ。


 問題は惑星開発の方だ。今まで生産物の現金化に見通しが立たなかったのでやる気はなかったが、消費先がわかったからには話が違う。宇宙全土でPOSは折られ、SOVバンカーは吹き飛ばされ続けている。PVPがある限り需要は尽きない分野だ。これなら金になる。

 今までNPC売りのPOSタワーは、S 120M、M 240M、L 360M と決まっていた。これがどう変わるのか見物だな。すでに溶かした部品からプライヤーが作り出したタワーはこの定価割れを起こしているが、これは一部の部品が想定外の溶かしで割安に提供されてしまったからだろう。今後のPIが本格的に始まって、どれくらい部品が供給さ
るかで適正な値段が決定される。

 予想では、PIの最初のころはみんなやり始めるので供給過多になると思われる。そして半分以上がめんどくせー割りにもうからねー の言葉と共に降りるだろう。

 何しろ必要とされるのは最終生産品の部品だけ。4段階も加工の手間がかかる。それも複数の惑星の産品を組み合わせる必要があるので、足りない部分は別の惑星で生産→打ち上げ→回収→生産惑星へ輸送→軌道上から投下 という手間をかけなきゃいけない。一部NPC売りの材料もあるので、それらを購入して軌道投下を行えば多少手間は減るものの、材料の仕入れや輸送の手間がかかる。

 PIに関してはこの輸送にかかわる人件費が一番のコストと言える。この部分をどう査定するかは人と環境によるからなあ。地道な作業が苦手な大半のミッションランナーは詰まらないだろう。

 ただ一つ言えることは、この状況で嬉々としてエクセル叩ける人間じゃないとやってられない という事だ。

 私?すでにまとめページのエクセルをコピーしてJITA価格確認と原価計算とWH内星系での生産可能物と輸入素材の検討をしてますがなにか?w

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/953-3a63c4b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。