スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑星開発体験4 

 前記事からの続き。

■基地設置の手順
1、惑星の種類にあったコマンドセンターを船に積み込む。本鯖でコマンドセンターの容量がどうなるか分からないが、テスト鯖では1個500m3だったので8種類全部積み込むのは問題ない。

2、惑星をクリックし、プラネットモードへ入る。

3、SCANのタブを選択すると、採集できる5種の基礎素材含有量がグラフで表示される。それぞれの素材を選択すると、惑星状のどの地点に多くあるのか表示される。少:緑→黄色→赤→白:多 という様に色で量が表示される。

4、左のメニューからコマンドセンターを選択し、採集したい素材が多い地点の至近をクリックしてコマンドセンターを仮設置する。複数の素材を採取したい場合、なるべく埋蔵量の多いところが近い地点を選ぶべし。採取地点が遠方になってラインが伸びるとCPU/PGを大量に消費するので。
 設置すると、画面左下あたりに【submit】【cancel】の2つのボタンが出るので、submitを選択する。コレによって初めてCCが設置される。
 他の施設も同様に、Submitを押す前は仮設置の状態である。

5、CCの近くに倉庫を設置し、リンクを張ってCCと接続する。CPU節約の為にCC自体を倉庫代わりに使用しても良いかもしれないがやった事無いな。以後も何か施設をおいたらリンクを張って接続する。

6、スキャン結果の埋蔵資源の多い場所の上に資源採集施設を設置する。
 submitを押して本設置した後、サーベイを行うと4種類の採取プランが表示される。
 1分辺りの採取量が多い代わりに取れる総量は少ない高速プランとか、1分辺りの採取量は少ないけど、その分長時間採取して総採取量が多い低速プラン等が提示される。
 採取し尽すとまた手動でサーベイから設定しなおす必要があるので、長く放置したいなら低速プランを、小まめに再設定する代わりに時間辺りの量を多く取りたい場合は総量の少ないプランを選べばおk。高速タイプと低速タイプを比べると、低速タイプの方が1.8倍位総量は取れるかな?

7、採集プランを決定すると、プロダクトというところに採集する資源名と数量が表示されるので、クリエイトルートを選択して送付先と数量を決める。例えば、毎分貴金属を100個採取している場合、送付先:倉庫 数量:100 という様に。この設定が終わると、毎分100個の貴金属が倉庫に溜まっていくわけだ。
 まあ普通は全量を送るので、数量を入力するのは要らない気がするな。全量を送る、とかのチェックボックスと送付先だけぽちっと選ぶようにして欲しい。
 送付先としては倉庫・CC・工場を選ぶ事が出来る。直接工場へ送っても良いが、余剰資源が出たり、工場が生産する以上の量を送ったりすると無駄になる事がある様なので、私は一旦倉庫に全部集積する事にしている。

8、工場を設置する。1つの工場で一つのアイテムを作る事が出来る。惑星から取れる基礎素材を加工するにはBasicタイプを選ぶ事になる。基礎素材の加工は30分(1800秒)掛かるようだ。
 Basic工場を設置し、生産物をプルダウンから選択する。例として、Precious Metals(貴金属化合物)を選んでみると、PreciousMetalsを20を生産するのに、Noble Metals(貴金属)6000個が必要 という具合。30分で6000個消費となれば、1時間に消費する貴金属は12000個という事になる。これを賄うには、1分辺り200の貴金属が必要なので、これ以上を産出するように採取施設を設置すれば良い というわけですな。
 もちろんこの量を満たさなくても問題ない。溜まるまで工場は停止した状態になるので、量を作るのにその分時間が掛かるだけだ。常時工場を稼動させたい場合は200以上必要 と言うだけ。
 採取施設と同じように、生産物の送付先と数量を決める。そのまま出荷するならCCへ、他の工場への材料にするならまた倉庫へ という感じ。この例では貴金属化合物20→倉庫へ となる。

9、倉庫に溜まっている材料を倉庫へ送る指示を出す。1時間にどれだけの量を送るのか指定できるので、工場で消費する分だけ指定してあげれば、余剰分が自動的に倉庫に溜まっていく。倉庫に余剰分が備蓄されていけば、採取施設が取りつくしてしばらく停止するような場合になっても、備蓄分が供給され続けて工場の操業はとまらずに済む ・・・はずだw

10、最終出荷品が完成したら、CCに溜まっているはずだ。後はCCからランチを選択して、宇宙へ上げるだけ。ジャーナルに表示される打ち上げカーゴのBMへ飛んで中身を回収すればよい。

 なんか適当に書いたらすごい分かりづらい文章になってしまったが、整理するのも面倒なのでこのままでいいや・・・。そんなに複雑な物でもないので、実際やってみればなんとなくわかるだろうw


 体験記事2の試験基地で実際にメカニックパーツを生産した例を挙げてみよう。
【採取】Noble Metals 6,000個→【Basic工場1加工】Precious Metals 20個
【採取】Base Metals 6,000個→【Basic工場2加工】Reactive Metals 20個
【工場1,2産出品】Precious Metals20+Reactive Metals20 →【Basic工場3加工】メカニックパーツ 5個

 とまあこんな感じ。Noble MetalsとBase Metalsが100個/分産出できる環境ならば、30分間に5個のメカニックパーツが作れる。1時間で10個。24時間で240個。というわけだ。うは、これで俺何にもしなくても大金持ちwwwwwwww

 ・・・これ、本当に大丈夫か?NPC売りが全廃されてプレイヤーが生産しなきゃ供給されないというような場合、1個いくらになるか想像も付かないんだが・・・。逆にNPC売りが残るなら全くやる価値無いし。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/927-736d3796

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。