スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儲けの内訳 

 今日はWHの戦利品について

 今までよく簡易1個で○○M~等と簡単に儲けを表していたが、具体的にどういう風に現金化するのか紹介しよう。

 まず簡単に分けると、NPCに直接売却する物と、プレイヤーに対してマーケットで売却できる物の2種類に分けられる。簡易サイトの場合は半々位の割合だろうか。

■データシート(NPC売却品)
 これは倒したスリーパーのカーゴの中から必ず回収できるもので、特定NPCコープのステーションで無制限に買取してくれる。相場変動が無くいくらでも買ってくれるのでバウンティと同じようなものだ。

 マーケット取引なので、売る時に通常1%の税金が掛かるのは他の品物と同じ。税金軽減スキルを持ってる人なら最大0.5%まで下げる事が出来る。

 エンパイア領域なら買取ステーションに困る事は無いし、体積もほとんど無いので輸送の手間も掛からない。もって行って即座に現金化できるのもありがたい。

 種類は4つ。買取価格で分けるとこうなっている。
 1、Neural Network Analyze 50,000
 2、Sleeper Data Library 200,000
 3、Ancient Coordinates Database 1,500,000
 4、Sleeper Drone AI Nexus 5,000,000

 基本的に難易度が高いWHに居る奴ほど高価なシートを多く落としてくれる。データシート=バウンティと考えればこんな感じだ。ちょっと数はうろ覚えなんだが大体こんなもんだったはず。
 ・C2のBSなら1.5M×1、その他 =約2M位
 ・C4のBSなら5M×1、1.5M×1、その他 =約7.5M位
 ・C5のBSなら5M×2、1.5M×2、その他 =約14M位

■サルベージ品(プレイヤー売却品)
 スリーパーの残骸をサルベージしたときに手に入る部品。ただ需要と供給がかなりアンバランスで、6M前後で売れる部品(通称リボン)が1種、35k程度だけど数が多く出る部品(通称ルーター)が1種、実質この2種ぐらいしか金にならない。

 これ以外にT2RIG用の青いサルベージパーツが稀に出る事がある。出ない時は出ないが、出る時は結構おいしい稼ぎになる。

 これらはデータシートと違って対人売りしないといけないのでちょっと面倒だ。JITA位でしかまともに売れないので遠距離輸送になるし。あ、サルベパーツなので体積が少ない点はありがたいな。

 それと、リボンの出る確率がかなりランダムなので波が大きい。C4簡易1個でリボンが21個出たかと思えば、出ない時は簡易3個で10個行かなかったり。まあ平均すれば大体一定の水揚げなのだが・・・。


 とまあこんな感じ。NEXT社では戦利品は会社で一括買取し、isk換算して即座に分け前を分配している。ソロ活動で手に入れた物は会社で買いとってもいいし、自前で自由に処分してもよい。溜まった戦利品は商売のついでに社長が売り払ってPOS維持費用の足しになったり、T3艦の材料になったりしている。

 今のところデータシートはNPC価格の95%、サルベパーツはJITA最安値の9割位 程度で買い取っている。コープメンの取り分としてはかなりお得な部類なんじゃないかなあ。税金もないし。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/864-c518b951

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。