FC2ブログ

蜃気楼を追って 

 今日はまた探索の日々。

 現在NEXT社ではC4をメインに攻略している。今の拠点では毎日新しいC4とHIに繋がるので交通の便は良いのだが、攻略艦隊の人数が増えるとC4だとちと物足りなくも感じるようになった。

 ソロで稼ぐなら3連星を使ってC4攻略が一番楽だし儲かるのだが、艦隊が大きくなって中の人が5人6人となると、難易度的にも楽すぎるし、儲けも頭割り分少なくなってしまう。

 こうなると人数に見合った難易度と儲けが欲しくなる。よってC5をやりたいのだが、現状ではC4の先にたまたまC5が繋がった時にしか出来ない。完全に運頼みなので殆ど機会が無いのだ。月1位だろうか?

 そこで、以前頓挫したC5への固定穴付き物件捜索を再開した。

 今回の探索行ではOPSではなくプロテウスを使っている。プローブの信号強度ボーナスでみると、OPS船スキルがLV4止まりのOPSより、エレクトロニクスSUBLV5にしたプロテウスの方が強いのだ。

 プロテウスのボーナスで強度+50%、Facランチャで+5%、FACプローブで+5%、RIGで+20%、その他各種探査系インプラント&スキル分 となる。OPSになると船のボーナスが50%→40%に変わるわけですな。

 さすがにこれだけ探査特化された構成だと、殆どのGravやLaderが4AUの範囲で種別が判明するので仕分けがしやすい。お陰で大量のサイトが溜まっているUSでも割とさくさく探索する事が出来る。因みにRaderやMagサイトになると1AUぐらいまで絞り込んでやらないといけないのでちと面倒だ。

 勝手に私が分類しているだけだが、ついでに穴の種類についても書いておこう。
■固定穴
 WH内で常に再生成される穴の事。WH内から見ると、常にアルファベット+数字の穴になる。必ず同じ種類のWHが沸くので、B274等のHIに繋がるWHがあるU-Sは常にHIへの出口が確保される事になる。

■ランダム穴
 名前の通り不規則に開く穴。WH内から見るとC382等と一見固定穴と同じ様に見えるが、消滅しても再生成しないのが特徴。一日待ってみて再生成されるかどうかして見極めないと分からない。

■出口専用(K162) 出口側から見たWHの名前。どのWHも出口からみればK162になる。特徴として、だれかプレイヤーが入り口側を発見した時にしか生成されず、入り口が未発見状態のWHはK162側から発見する事が出来ない。ちと分かりにくいので例を挙げよう。
 【例】例えば下記のような接続のWHがあるとする。
  HI-(K162~B274)-C2US   ※()はWH
  C2のUS内からはB274を発見可能だが、HI側からは誰かがB274を発見してからじゃないとK162を発見する事が出来ない。と言う感じ。

 さて、目標物件の条件を確認すると、Lowへの固定穴+C5への固定穴 があるUSとなる。恐らくC3かC4になるだろう。さすがにHIへの穴とC5への穴が固定で開くとも思えんし。ただこのタイプは今まで見た事ないんだよなー。かなりレアなのか、そもそもこの組み合わせは存在しないのか、私の運が無いだけか・・・orz

 色々なUSを渡り歩きながら調査しているが、WH内から見える固定穴を2個持つWHは実はかなりレアだ。殆どのWHは固定穴が1個しかない。エンパイア領と0.0領の接続星系が希少なのと同じ感じだろうか。ただでさえレアな固定穴2個でその上LowとC5接続有り となるとやっぱ厳しいなあ・・・。

 いい加減探査ばっかりだと飽きる。やっっと見つけたか!と思ったらランダム穴でぬか喜びだったり。うーん、やっぱLowじゃなくて0.0側から探してみるかなあ。折角プロテウスにバブル無効付いてるしなw

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/843-fb4419da