スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回大海戦 結果 

 今日は大海戦のまとめを書いてみる。

 2005年10月21日、22日、23日と続いた大海戦。
イスパニアにとって因縁の地、第2次カサブランカ攻略戦の結果は・・・
イスパニア(385勝)対 ポルトガル(462勝)
残念ながら、負けてしまった・・・orz
ざっと3日間の流れを見てみよう。


 今回は私は鉄重ガレー-16%で旗艦をやらせてもらった。
メンバーはほぼ商会員のみで組んだ。

 1日目。5勝4敗
重ガレー1・戦列艦1・戦ガレオン1・レアル1・アラガレ1

 2日目。3勝2敗
重ガレー1・戦ガレオン1・レアル2・アラガレ1

 3日目。2勝4敗
重ガレー1・戦ガレオン1・ガレオン1・レアル1・アラガレ1

 3日間通算で、10勝10敗となった。
何敗かはすさまじいラグの性で船の操作が出来ず、敵に包囲されたり
クリティカルを食らったりで負けてしまった性だが、他は私の操船ミス。
他の事に気をとられて、相手に回りこまれてのうっかりクリティカル撃沈が多い。
こればっかりは私のプレイヤースキル不足だった。
艦隊のみなさん、すいません・・・


簡単に3日間の流れを書いてみる。
 1日目。
イスパニア側は前回のカサブランカ戦においての教訓を生かした作戦を立案。
ジブラルタル海峡とリスボン沖の海域ゾーン切替があると、切替直後から
敵中に入ってしまう事から全艦ジブラルタル待機を徹底。
超強力な精鋭艦隊のみがファロを拠点に戦う事に。

この作戦は大当たり。総数で負けるイスパニアはジブラルタルに戦力を集中し、
すぐに援軍が入って10対10で戦える環境を作り出す事に成功。
勝ち星で50程もの差をつける勝利を得る事ができた。
また、ポルトガル側がリスボン沖とジブラルタル分散していたので、
ラグも気にならない程度で済んだ。


 2日目。
イスパニア側は昨日と同じ戦術。ジブラルタル待機を行う。
だが、ポルトガルは昨日のようにやられるのを待つほど甘くなかった。

イスパニアがジブラルタルに籠もるのなら、最初から同じ海域に居ればいい。
というわけで、セウタがポルトガルの拠点に変更された。

その結果、開戦後しばらくして海峡付近に大部分の船が密集。
すさまじいラグが発生してしまった。
スキルも使えない、舵が効かない、砲も撃てない、チャットすら遅れる始末。
もちろん援軍で入ろうと船をクリックしても反応しない。

かといって、密集が少ない方へ進んでいくと、途端にイスパニア軍の密度が
薄くなり、周りはポルトガル船ばかりになってしまった。
こうなると援軍が来てくれない。

超重力の発生する場所ではまともに戦えず、密度が薄くなった場所では
人数の多いほうの援軍参加が相次ぎ、数で負けてしまう。
イスパニアはジブラルタルでまともに戦う事が出来なかった。

また、ファロに居たイスパ精鋭艦隊のには、戦果にならない船が
張り付いてまともに戦闘をさせないと言う事件も発生したとの事。
無粋なマネをする奴らも居たものだ。

結局、この日はイスパニア側が押され、勝ち星数で20差まで詰められた。


 3日目。
今日が最終日。気合は入るが、昨日と同じ戦法では負けてしまいそうだ。
ならばいっそ・・・!という事で、イスパニア側は賭けに出た。
開戦直前、全艦にファロに移動指示が出たのだ。
セウタで集まっているだろうポルトガル勢から離れ、ラグの少ない
ファロを拠点にして戦うと言う作戦だった。

確かに序盤はポルトガルの意表をつき、ラグの無い環境で戦えたのだが、
すぐにポルトガルがファロに集結。昨日よりも重いラグが、ファロ周辺に発生。
またしても戦えない状態に。

しかもジブラルタルにもある程度のイスパニア艦隊が残ってしまい
戦力分散の効果まで発生してしまった。

ラグ+戦力分散の結果、3日目は200を超える敗北を喫し、
2日目までのリードを逆転されて負けてしまった。

 結果は負けだが、イスパニアは多くの経験をつむことができた。
今後に活きていく事になるだろう。
カサブランカなら、負けても影響度はさほど気にしなくて済むし。


 さて、個人的には10/27の課金切れで一旦休止に入る事にしている。
最後に勝てなかったのは残念だったが、海戦中に私怨あるPKを倒せたのが
個人的にはうれしかった。トータル戦績なら10勝10敗のトントンだったし。

 後はパッチのバランスしだいで復帰する・・・かもしれない。
我慢してプレイするより、客をなめんな、と言う姿勢を見せておきたい。
航海日誌はなるべく最後まで書く事にしよう。

コメント

今のところ、完全に安全地帯にこもるとかしない限り、数の多い方が勝ちやすいってことになるね。
まあ、これが正しい姿かと。それを跳ね返して戦うにはひたすら質を上げて、全員戦列艦で出るしか(ry

ちなみに2号とか3号とかはしないつもり
やれる事少ないからなあ・・・

やっぱ

戦いは数だよ兄者!なのかね。
ところでギス2とかギス3とk(ry

はつかきこありー<クルツさん (^^

やっぱりにわか軍人じゃきつかったです。
次回があればもっとまともな舵捌きができるようにがんばるっす!
あとはやっぱりラグだよねえ・・・

お初です。
操船ミスというよりやっぱ全体数の差だと思います、敗因は。(特に3日目に戦闘は)
ギスカールさんのおかげで攻撃に集中できました。多分 ルネさんも同じに思ってると思います。ラグが改善されれば もう少し楽しめるのに>大海戦

JMの時も同じような事あったもんなw
メトロンよりはまだ希望はある・・と思いたい

む。

何処でも姿勢を崩さないのは流石だなと思ったりした。
まぁ、何処に居てもギスはギスだったと安心したのもあるんだが(^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/82-cbb70a6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。