スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河漂流ギスファム 

 今日は地獄をみた・・・。

 今までいろいろな未知星系(Unkown-System)を調査してきたが、星系内には最低二つのワームホールがある場合が殆どのようだ。もしかしたら3つ以上だったり1つだけだったりする事もあるのかもしれないが、今のところそういうU-Sには遭遇していない。

 一応WHには方向が決まっている。入り口の方は色々な識別名(D794等)が個別についており、その名前から接続先のクラス・進入制限等がわかる。

 ところが、出口はなぜかK162という名前で統一されてしまっている。これでは接続先の難易度がわからない。こういう場合、いったんWHに入って反対側から見た固有名を確認すれば進入制限の情報は判別できる。クラスについては、特殊天体によるスペック変動値から逆算するか、U-S内で別のWHを見つけて固有名を調べるしかない。

 入ってきたWH以外の穴は、別の未知星系に繋がっている事もある。そう、直接既知宇宙に繋がっていない、深い深い宙域へ潜って行くことになるのだ・・・

----------
 その日、私はJITAから2JのIyen-Oursta星系に居た。いつもの様に流しのWH調査を行う為だ。

 通常通り探索を行い、難なくワームホールを見つけた。が、またK162タイプ。これでは未知星系内の正確なデータが取れないので、面倒だがU-S内で別のWHを探し始めた。

 案の定U-S内では大量の探査反応が返ってくる。用があるのはWHだけなので、WH以外の種別であると判明しだい無視リストに放り込んでいく。

 一つ一つの信号を絞り込み、数十分掛けてなんとか入ってきたのと別のWHを見つけることが出来た。もっとこう、早い段階で分けられるといいんだがなあ・・・。

 さて、新しく見つけたワームホールを観測すると、どうやらクラス3の別のU-Sへ繋がっている模様。せっかくだからその先のWHがどこまで続いているのか突き詰めてみる事にした。

 すると、その先は特殊天体銀座だった。パルサー、マグネター、ブラックホール、激変星と4つも特殊天体が連なっており、先に行くにしたがってクラスが大きくなった。どんどん未知宙域の奥地へもぐっていく・・・。

 結局未知星系を5Jも乗り継いで出たところは、既知宇宙のド辺境だった。
Feythabolis RegionのK-9UG4星系。南部の最果て、0.0のど真ん中。元の場所から70J程も離れた場所まで飛ばされていた。

 最初から並べるとこういうルートだ。通常のルートだと70J位かかる。
①Iyen-Oursta(HiSec)
②クラス2 ノーマル
③クラス3 パルサー
④クラス4 ブラックホール
⑤クラス5 マグネター
⑥クラス6 激変星
⑦K-9UG4(0.0)

 一応途中のWHの場所はブックマークしてあるので、JITAから2Jの場所から、南部最果てまで6Jの直通ルートが開通したことになる。WHの通過制限があるのでフレイターは通れないが、IDSが通れるだけでも役に立つかも知れない。

 問題は中継のWHそれぞれに寿命があるので、全てのWHが生きている時間がどれくらいなのか判別できない事だ。途中のどこかひとつでも寿命が尽きれば、輸送艦はU-Sで立ち往生する事になる。

 もし輸送でWH経由のルートを使うならば、IDSにもコアプローブランチャーを付けて、緊急時には自力でWHを探索・脱出できる準備をしておく必要があるだろう。


 さて、せっかく南部の0.0まで繋がったのはいいのだが、さすがにこんなド辺境に用はない。RedAlly系の支配地域なので、見つかり次第ぬっ殺されるの確実だし。元のWHをたどって帰る事にした。

 ・・・が、せっかくクラス6のU-Sを見つけたんだし。ちょっと簡易サイトがどの程度の戦力なのか偵察していくか。適当に簡易サイトを探して100kmワープ!

 すると、簡易サイトにワープアウトした時点でOPSのクロークが勝手にはがされた。むう、100kmワープかけてるのになあ・・・。ガスでもあったのかな・・・。

 まあ、こういう事態も一応予想していたのですぐに惑星にワープ連打開始。スリーパー艦隊に攻撃される前に離脱できるはz・・・って、ぎゃあああああ!なんか即座に撃沈された!!!OPSがワープ連打してる状態で即座に撃沈ってどんだけ早いんだ・・・。

 なんと言うことだ・・・クラス6のU-S内で卵になってしまった・・・orz FAC物ランチャーや残った遺品も回収できん・・・。

 とにかく何とかして既知宇宙に帰らねば。このままU-Sに取り残されたらPOD自爆して帰らないといけなくなる。まさかOPSで沈むと思ってなかったんで、インプラントはHI用の高価な奴つけてきていたし。卵自殺は何とか避けたい・・・。

 この状態で取れる選択肢は2つ。
①ここまで切り開いてきたU-SのWHを経由してHIに戻る。
②さっき出たばかりのK-9UG4(0.0)星系に出て、通常航路を70J位かけて戻る。

 出来れば①のWH経由で帰りたいところだが、最初のU-Sに入ってからここまでたどり着くのに数時間経過している。今から戻ったとしても、途中でWHが切れている可能性が高い。途切れた所から引き返してK-9UG4(0.0)に出られる保証も無い。

 ここは大変だが、確実に既知宇宙内を移動できる②で行くことにした。卵の状態で60Jも0.0を踏破するのは危険だが、案外0.0の奥地というのは通るだけなら安全だったりするし。敵対勢力やLowと0.0の境界の部分だけ気をつければ何とかなる・・・かもしれないw
 
 なにより、卵の状態で誰も来ないような未知宇宙を漂流する恐怖が一番嫌
だ・・・。
 
 というわけで、卵で0.0を超遠距離を踏破する旅が始まった。

 予想通り最初のうちは楽々だった。支配Allyもそんな奥地でGCをしているわけも無く、無人~1,2名が居る程度の星系が続いた。おそらく地元の監視チャンネルに報告が上げられてるんだろうけど、卵1匹のために即応GCを作る程暇人はあんまり居ないだろうしw

 が、さすがに完全無視とは行かなかった。途中でIntyに追跡されて星系の分岐点で捲いたり、HICがスキャンに写ったところをガクブルしながら遠回りして抜けて行ったり、地元民が40名位たむろしてた拠点星系をコソコソ通り過ぎたり・・・。拠点星系はむしろローカルに人数が多かったから助かったんだろうな。少なかったら中立の
私目立ちまくりだったろうし・・・w

 かなり疲れたが、なんとか50J突破して0.0とHIの境界までたどりついた。んが、さすがにここは固定ジャマーが張られてがちがちのゲートキャンプが張られている。残念ながら卵で突破するのは不可能だった。

 仕方なくその星系で就寝し、翌日ALTを迎えに行かせ、ALTの乗ってきたシャトルに乗り換え。GCが無い時間を見計らって逃げ出す事に成功した。いやー、とんでもなく疲れた・・・orz

 教訓!
 スリーパーのサイトはたとえOPSクロークがあっても覗くのはやめておこう・・・。どうしても偵察するなら、SSで船を下りて卵の状態で見に行けばよいだろう。スリーパーも卵を撃つほど意地悪じゃあるまいw

コメント

>かっぱさん
今回は事前ワープキャンセルは使ってませんでした。まさかそんな仕様だったとは・・・情報ありがとうございます!

70Jワープお疲れ様ですたw
ちょっとご確認ですが、Sleeprtサイトに向けて一度ワープドライブ起動したあと、即停止、再度100kmワープしてもクロークが剥がれたのでしょうか?Sleeprtサイトは初回のワープドライブ起動時にサイトが生成されるため、1回目に100kmを選んでも0kmにモロジャンプしてしまうらしいので、ワープ即停止→再ワープしないと死ねるようですw
いずれにしてもOpsとは言え瞬時蒸発するほどの威力があるということで、いやはやあなどれませんなあ・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/769-de504d63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。