スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガ喫茶のススメ 

 今日はマンガ喫茶について。

 リアルネタなので暇な人だけどうぞ。

 ここ数年マンガ本を買わなくなった。週刊誌や単行本も含めて。

 かといって全く読んでないと言うわけでもない。まあ年齢や生活環境変化の影響もあるが、一番大きいのはマンガ喫茶・ネットカフェですなあ。

 読みたいマンガといえば、最近アニメ化されて気になった奴の原作(例:もやしもん)とか、ニコニコ動画でネタになってて知った奴(例:蒼天航路・蟲師)とか、もう何年~十何年も続いていていいかげん終わらねえのか!って奴とか(例:ああ女神様・ベルセルク・ケロロ軍曹)、子供の頃読んでたマンガの同じ作者(例:椎名隆志・ゆうきまさみ・うしおとトラの人)とかそんな感じのだ。

 学生時代は気に入った単行本は何度か読む時間もあったけど、今じゃ1回読めば十分だしな。買ってきて保管するスペースもきついし。

 こういう状況だと、気が向いた時に何時間かマンガ喫茶で読めばいいや と思うようになった。料金は1時間300円~400円程(フリードリンク付)なのでお財布にもやさしいしw

 マンガ喫茶を使う場合のポイントを書いてみる。

①蔵書チェック
 ネット上から蔵書検索できる店もある。読みたいタイトルが決まっているなら事前にチェックすると良いですな。店のスペースも限られているので、同じチェーン店でも場所によって取り揃えてあるタイトルに違いがあるし。都内のように小規模店舗は特に。

②分煙
 私はタバコを吸わないので必ず禁煙席を指定している。禁煙席がいっぱいの時はあきらめる。
 ただ、店の配置によっては禁煙席でもタバコの煙が来てしまう事があるので、店内のマップでなるべく喫煙スペースから離れた席を指定するようにしている。
 ぶっちゃけ、禁煙と喫煙でスペース分けしていても通路を通して目に見えない煙が拡散しているので、隣り合っている席だと殆ど意味無いのだ。
 禁煙席のはずなのに店を出ると体中からタバコ臭くて溜まらん なんてことがザラ。そういう店は、利用中に喫煙スペースから離れた席が空いたら移動させて欲しいと頼んでおく事もある。階ごと禁煙にしてるような大きな店はいいんだけどなー。
 
③サービス
 店によって無料で飲食物を提供してくれる。最低限コーヒーやお茶はどこでも無料だろう。利用料金が高いところほど無料飲食物が充実している。
 秋葉原の大きい所なんて、ソフトクリームやおにぎりや味噌汁やポップコーンのような物まで無料。夜間パック利用時には軽朝食サービスなんてところも。
 まあ、あくまでオマケなんでクオリティは期待しちゃいけないが。

④もはや宿泊所?
 ネットカフェ難民なんて言葉が出るくらい居住性は良くなってますな。シャワーが使える店もかなり多くなってきた。終電逃して帰れない、なんて場合は手軽に夜を明かせるしなあ・・・。
 千円ちょっとで一晩明かせるなら無理にビジネスホテル泊まらなくても良い。つうか、カプセルホテルより環境は良いですなw 大きな共同風呂やサウナが使いたいのでもなければネットカフェので済んじゃう・・・。
 
 暇な休日、いつの間にか読むのを辞めてしまった作品の続きを単行本で探してみる・・・なんて使い方がオススメだ。

コメント

個室ビデヲの方が個室なのでゆっくり
寝られるよ。
でも・・・(以下略

漫画喫茶かー良いところは住所登録しないと利用できないところが多くなってきたからね。特に大手はね、気軽に行けたときは利用してたけど、住所登録が要るようになってからは利用してないな^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/705-397444ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。