スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのはつめい 

 今日は初めて発明に手を出してみた。

 今回のパッチでトラポンにOPSクロークがつけられる様になったので、特需が発生してOPSクロークの相場が急騰した。元は11M弱だったのが急に14M台まで・・・。記事を書いている今は供給が増えて大分下がってきたみたいだが。

 JITAで仕入れて0.0で売るというサイクルでやっていた私では、とてもじゃないけど仕入れられる価格ではなくなってしまった。

 うーむ・・・。他のT2品もだけど、一時的にJITAの価格が上がっちゃって仕入れできない=仕入れ価格より0.0の方が安い場合があるんだよね。

 0.0は物の動きが少ないから相場変動も少ない。以前の安い相場の在庫がある限り変わらないので、相場が動くのは在庫が全部掃けてからになる。

 かといって、安い相場で残っている在庫を買い占めてJITA相場で出しなおすなんてもってのほか。自分で使うならともかく、商売の為に味方向け物資を仕入れるなんて本末転倒だ。基本的に0.0のOPは主権者と同盟を結んでいるキャラしか入れないので、必然的に味方向けの商品と言えるのだ。

 うーむ、商品の仕入れが出来ない→在庫切れ→OPの利便性低下 ってことだから、最低限利益無しでも並べるだけは並べて置きたいんだよな。かといって今の価格で仕入れたら赤字確定だし・・・・
 
 ・・・そうだ、仕入れられないなら作ればいいんじゃね?

 と言うわけで、試しに自分で作ってみる事にした。1年以上EVEやってきたけど、まともな生産や発明はこれが始めてだw

 まずEVEの生産方法おさらい。
①設計図と材料となる素材をステーションへあつめる。
②ステーションの生産ラインに投入する。
③一定時間後生産品が出てくる。
以上!

 今回欲しいのはOPS用クローク装備。こいつはT2品なので、自分で発明して設計図を作らないといけない。

 発明の手順はこんな感じ。
①元となるT1製品のBPC(ブループリントコピー:設計図のコピー)を用意する。
②そのBPCと発明に必要なデータコア(消耗品)をSTにある発明ラインに投入する。
③一定時間経過後、T2のBPCが出てくる。

 ぱっと見簡単そうだが、いろいろ独自のルールがある。分かった事を書いて置こう。

 ■発明失敗
 100%成功する生産と違って発明には失敗がある。成功すれば望みのT2品BPCが手に入るが、失敗すると何も残らないのだ。一緒に投入したBPCとデータコアが無駄になるのでかなり痛い。

 ■発明の成功率
 発明者のスキル・一緒に投入する添加剤等によって成功率に違いがある。ちゃんと式として解明されているので、簡単に表示してくれるサイトもある。今はリンク不明なので後で張っておこう。

 例えば、特殊な船を除いて基本は皆40%の成功率がある。これに各種スキルや添加剤・添加アイテムの質などで成功率が変わってくるのだ。私がクロークの発明をした時は46%位だった。

 ■BPCのRUN数
 BPCにはRUN数が設定されている。RUN数とは製造可能数のこと。RUN10のBPCからは10個までしか製品が作れないが、RUN100のBPCからは100個まで製造できる と言う具合。

 RUN数はコピーする時に設定できる。コピー時間はRUN数に比例するので、RUNが多いほどBPCの価値は上がるが、刷るのにそれだけ時間も掛かるということになる。

 ■RUN数の影響
 発明で作られるT2BPCのRUN数は、元になるBPCのRUN数に影響される。簡単にまとめると以下のようになる。(添加剤無しの場合)

 ①RUN数がリミット限界まであるBPCを使った場合、T2BPCのRUN数=10RUN
 ②RUN数がリミットの50%のBPCを使った場合、T2BPCのRUN数=5RUN
 ③RUN数がリミットの10%のBPCを使った場合、T2BPCのRUN数=1RUNor2RUN?要テスト
 ④RUN数が1のBPCを使った場合、T2BPCのRUN数=1RUN

 ここで注意するのは、リミット限界までRUNを上げたBPCで生産するか、1RUNのBPCを使って多くの発明を行うか、どちらの方法で儲かるかが違ってくる。

 発明に使う時間・成功率・消耗するデータコアのコスト・生産する時の効率・添加剤のコスト等など、考慮すべき項目が多くて計算するのが大変だ。なにかツールがあるらしいのだが、どこにあるのかよくわからん・・・orz

 っと、今日はここまで。

コメント

EVE-MEEPですね。普通はmaxrun使うと思います。datacoreのコストや発明/生産のセットの手間に比べればCopyの時間コストなんてゴミです。というか、そこを短縮しても結局次の日に取り出すなら意味がないでしょう。発明のときに10倍の手間がかかるほうが痛いです。Decyptorも元が取れないので無意味です。
障害はBPCで、POSがないとほぼ生産は無理です。お持ちだとは思いますが、遠いと運ぶのが面倒ですね。市場にはあまり出回ってません。
下げ局面ではあまり数が出ないまま値段が下がっていきますんで、むしろ商品売るところで苦労してますけど、、、(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/697-beb68561

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。