スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不労所得 

 今日はR&Dについて。
 
 今週は色々忙しくてあまりオン出来てない。帰っても眠くてさくっと落ちちゃう。もう歳かのう・・・。

■R&D鞍替え
 私のメイン垢はあるエージェントとR&Dの契約を結んでいる。R&Dとは、リーチ&デストロイ(Reach and Destroy)の略で、標的に接触次第ぬっ殺すという意味。要は暗殺依頼の事ですな。
 

 長いので続きへ

 
 ・・・と言うのは嘘で、本当はリサーチ&ディベロップメント(Research andDevelopment)の略。研究開発のことだ。

 EVEでR&Dというと、研究開発専門のエージェントと契約する事で特定のデータコアというアイテムがもらえるようになる。これは契約さえしてしまえば、ゲーム内で特に何もせず放置していても一定量をもらう事ができる。つまり、不労所得が手に入るって事。

 ただし、契約するまでが結構大変。ミッション回してスタンディングを上げ、欲しいデータコアに対応したスキルも上げないといけない。詳しくはwikiのR&D項目を参照のこと。

 バックストーリー的にはどういう扱いなんだろう。自分の船の運用データを定期的に提供して、その代わりにデータコアを貰うって事なのかな。その辺の作業は部下にやらせてるので、船長的には不労所得になってるだけとかw

 
 んで、私も随分前にアマールのR&D契約を行って、Naniteエンジニアリング用のデータコアをもらえるようにしていた。やっぱ何もしなくても儲かるってのはすばらしい。データコアの種類やスキルにもよるが、最低300k/day程度は儲かるかな?

 契約した当初はNaniteデータコア1個700k程で売れてウマウマできたのだが、やはりみんな高く売れるR&Dエージェントと契約するので程なく暴落。今では180k程度まで落ちてしまった・・・orz

 結局この値段では売る気にもなれず、300個程不良在庫になって溜まってしまっている。いつか自分で発明する時にでも使うことにしよう・・・。

 さて、そんな訳でもうちょっと儲かるデータコアに契約変更する事にした。データコアは二十種類程ありそれぞれ市場価格が違う。Naniteが暴落したのなら、もっと高く売れる別のデータコアをくれるエージェントと契約すればいいのだ。

 早速JITAでデータコアの相場をチェック。ふむふむ・・・今はこうなっているのか・・・。全部値下がりしてるなあ。

 まあ、契約さえしてしまえば一定量確実に生産されていく製品だしな。サルベージ品と違って完全に人の労力が要らないので、時間が経てば経つほど供給が増えて価格は下がっていくんだろう。

 今は発明の消費量が多いデータコアほど値下がりが遅いという感じ。一部入手の手間が掛かる奴はまだ高値が付いているが、いずれそれも落ちるだろう。そのうち定期的にミッションしないと生産量が下がるようなパッチがくるかもなあ。

 値段と契約更改の手間を考えた結果、Naniteエンジニアリングからメカニカルエンジニアリングへ契約を変更する事にした。メカニカルも高く売れるコアではないが、暴落したNaniteよりはマシな値段が付いてるし(300k位?)。それなりに数が出るT2品の材料のようなので、暫くは値下がりも遅いだろう。

 メカニカルの契約に変更するには、スキルでメカニカルエンジニアリングを覚え、Naniteの契約を破棄→メカニカル担当エージェントと契約 と言う流れになる。

 Naniteを契約していたエージェントがメカニカルも担当できたので、すぐにその場で契約変更完了。スキル代10Mがちょっと痛いが、データコア30個分位で元が取れるだろう。

 あとはメカニカルエンジニアリングのスキルを4まで上げれば乗り換え完了。5.6日掛かるが、20日のスキルに慣れた身にはあまり苦ではないな・・・w スキルセットが楽という気さえする。前は4日でもすごく長く感じたのにのう・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/658-26b10ba5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。