スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えっぐはんたー 


 今日はOPSで敵機を撃墜した時のこと

 ある日の事。ジャンプクローンで0.0に出張して、現地でPVPをしようとしたら相手がいない。敵の本拠地まで行けばうじゃうじゃいるのだが、明らかにこっちより数が多いので難しい。

 一撃離脱のゲリラはやってみたいんだけど、一緒に突入してくれるメンバーがおらんと何も出来ない。まだまだPVP初心者だし、一緒に動ける仲間を集めないとなあ・・・。

 仕方が無いので獲物を探して放浪する事にした。OPSとReconプローブを使えば、SS(セーフスポット)や探検用コンプレックスにいる相手も発見する事ができる。私はクロークして相手に接近し、襲撃用の味方が私宛にワープ→捕獲→(゜д゜)ウマー とな
ればいいなあ、と。

 あちこち放浪してみたが、この日は誰とも出会わない。むう、星系に私一人だけじゃなー。

 しばらくうろうろしていると、敵対勢力の拠点にしている星系の1個手前で他のプレーヤーがローカルにいるのを発見。所属はNPCコープ。特に敵対指定は付いていないが、0.0宙域でNPCコープってことはまず誰かの裏キャラかALTだろう。

 んでもって発見場所は敵拠点への入り口。とくれば、多分敵プレイヤーが監視してるのだろう。基本的に友好スタンディング以外は撃つというルールなので、ちょっと探してみる事にした。

 まずクロークワープしながらディレクショナルスキャンで流してみると、カプセルの反応があった。なんと無防備な・・・w ルーキーシップにノーマルクロークつけるだけでスキャンにも掛からず安全に監視できるのにのう。

 あとはディレクショナルスキャンの反応のある場所で、20AUの範囲をスキャンできるプローブをまく。これはスキルレベル4で使えるプローブの中で最大範囲をスキャンできる。普通なら何度かスキャンしつつ誤差を狭め、信号強度の強いプローブに変えていく必要が有るのだが・・・。

 ぶっちゃけ、SSに浮いているだけの船ならば、20AUのプローブで十分ヒットできる。常時SSワープを繰り返しているのでもない限り、ほぼ誤差無しでガッツリ発見可能だ。相手がデッドスペース内なら狭い範囲のプローブで誤差を狭めないといけないだろうが、通常空間にいる船を見つけるのは案外簡単なのだ。

 今回は相手が卵だったのでヒットしづらかったが、3回目のスキャンで誤差0mのヒットが出た。クロークしたままそこへ飛んでみると、無防備に卵が静止状態で浮いているじゃまいか・・・w

 うーん、しかし本当に見つかるとは。ちょっと拍子抜けだ。

 私のOPSにはPVP用の装備は一切付いていない。MWDとLドローンが1機積んであるだけだ。この状態で戦闘を仕掛けた場合、相手は驚いて即ワープするだろう。こちらのロックが終わる前にワープされれば何も出来ない。

 まあいいか。駄目もとでゴー!

 まずはクロークしたまま相手の15km位まで接近。そこでクローク解除&ドローン発進&MWDを吹かして相手に突進!多少でもタックルで方向をそらせればワープを妨害できるかもしれない。

 同時にロックボタンを連打。ロック完了次第ドローンに攻撃指示。

 それから数秒後、見事に卵は宇宙の塵となった。ま、まさか成功するとは、こっちがびっくりだw

 撃墜まで数秒の猶予があったはずなので、おそらく相手は画面を見ないで完全放置していたのだろう。ラッキーw

 その後、ついでだからと敵拠点の星系に侵入してみると、なんかローカルにNAP結んでる友好勢力がいっぱい・・・。総勢35人以上で敵拠点の星系を完全に制圧していた。・・・ま、まあ週末だしな。こういうこともあるだろう。

 ・・・あれ?敵拠点を味方が制圧しているって事は・・・さっき落とした卵さん・・・もしかしてこの味方勢力の監視役だったり・・するかも?

 どうもその味方勢力はロシアの集団らしく、ローカルでなんか言っているのだがロシア語なので理解できない・・・。一応姿を見せても撃たれないので敵視はされて無いようだが、さっきの卵の件がコワイ((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル

 その星系から離脱すると、さっき落とした卵のひとがまたローカルに・・・。こりゃますます監視役っぽいな・・・・。

 「さっきはサーセン、敵の敵のALTだとおもったんす!」と機械翻訳の英語を残して、そそくさと退散したのでした・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/600-e46e7605

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。