FC2ブログ

アンダーグラウンド 


 今日は裏の世界について

 0.0宙域と一口に言ってもいろいろな所がある。一般的な意味ではSL(セキュリティレベル)が0.0と言う事だが、実は0以下のマイナス数値が設定されているのだ。

 PDFで配布されているEVEのマップには各星系のSLが書いてあるが、-0.01から、-0.5や、-0.8、-1.0まで数値に幅があることがわかる。あの数値は微妙に変動しているようなので最新の値ではないが、大まかにその宙域のSLを調べる事はできる。

 基本的にSLマイナス値が大きいほど儲けが多くなるようだ。 -0.1<-0.5<-1.0

・野良NPCが強力になる→ラッテングの儲けが大きい。
・高価な鉱石は一定のマイナスSL以下じゃないと産出しない。
・低SLになるほど月堀でレアなやつが出る??
・探検についてはまだちょっと良くわからない。SLに比して簡易コンプレックスの難易度も変わるのか?とか、各種サイトの難易度・湧き確立も変わるのか?等要調査。
・ミッションの報酬はSLが低いほど大きくなる。
・低SL地域にはレアアイテムを産出する公開固定コンプレックスがある。

 とまあこんなわけで、同じ0.0でも低SLの深部宙域を確保している所ほど儲かるわけだ。基本的に-0.7以下が深部宙域と呼んで良いだろう。このあたりからレア鉱石も出始めるし。

 試しに敵が実効支配している-0.7以下の星系に潜入した事があるが、レアな鉱石や1.5MクラスのBSが湧いてたりして羨ましかったなあ。

 私達の拠点となっている星系は、0.0の一番浅い宙域だ。SLも-0.1前後なのであんまりおいしくない。Region自体がHIに近いので、SL-0.7以下の星系は奥地の方に数箇所あるだけだ。そこらを縄張りにするには、今いる敵勢力を実力で排除して分捕るしかないのだが・・・先は長そうだw

 さて、浅い所はSLが低いので欠点でもあるといえるが、浅いが故の利点もある。NPCステーションの存在だ。

 NPCのステーションがあれば100%安全な拠点として使う事ができる。POSの様に敵対組織に破壊される心配も無く、アウトポストの様に施設の利用にお金を取られる事も無い。

 そしてもうひとつ。NPCのエージェントが居り、ミッションを受ける事が出来る点だ。0.0地帯のエージェントは高QLであることが多く、SLが低い事によるボーナス効果も加わってとんでもない破格の報酬をくれるのだ。

 たとえば。LV4 QL20のストレージエージェントから仕事をもらってみると・・・
 ・KILLミッションで報酬5M、LP10000とか。
 ・1~2Jの輸送ミッションで、報酬1M、LP2000以上とか。
 
 何ぞこれw というような、Hiでは考えられない高報酬ミッションがもらえるのだ。もちろん敵襲のあるときはミッションどころではないが、ソロの敵ぐらいあしらってやろうという意気込みがあれば何の事は無い。

 メンテ明けのまったりした時間を、0.0ミッションでウマウマするのも乙な物ですぞw

コメント

>鍋さん
なんと・・・。GIST系の装備はみんな公開コンプレックスから沸いてくるって昔聞いてたので、ずっとそうだと思ってたよ。

って事は、エンジェル地域の0.0なら出るかもしれないのか・・・。あっちで探検してみたいなあ。

今は0.0Secでの公開Complexは閉鎖されて探検で発見するのみに変更されてたはず

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/596-46fe135c