スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死亡遊戯 

 今日は死に方の練習をした

 社内で対人戦闘(PVP)の練習会があった。対人経験の豊富な先輩から色々教わっている所だ。もう8ヶ月近く経つのに全く対人やってねえ・・・w JMでも良く対人講習をやったしなあ。やはり練習無くして戦果無しじゃ。

■ステップ1 「うまく死のう」
  私は対人戦未経験だったので、まずは撃破された後の逃げ方から始める事にした。柔道でも最初にやるのは受身の取り方。倒れた時の対処ができて無いと大怪我する事になる。EVEの対人戦も一緒で、ちゃんとした死に方を覚えて居ないと痛い目に会う事だろう。

 長いので続きへ

 JMと違う所は、船を落とされたときのペナルティが大きい事。JMは撃破されてもたまにパーツを落っことすぐらいだったので殆ど支障は無かった。

 EVEで船が撃破された場合は、船本体はロストし装備していたパーツ類の4割程が残骸と一緒に残される。さらに、撃破の瞬間パイロットが乗った操縦PODが射出される。

 もちろん操縦ポッドにも攻撃可能なので、ポッドまで落とされたら完全に負け。船の百倍以上もする高価なインプラント共々宇宙の塵となってしまう。クローンを作り直す手間も掛かるので非常に痛い。

 肝心の緊急脱出のやり方は簡単だ。敵の攻撃で船が沈みそうだなー判断したら、ステーションや惑星やらなんでもいいのでを選択してワープボタンを連打しつづける。これだけ。

 脱出ポット射出の瞬間にラグが生じるので、これをやっておけばまずポッドは落とされないのだ。私も実際に体験したところ、殆どタイムラグ無しにワープに入る事が出来た。1秒掛かるかかからないかと言うレベルなので、落ちる前から連打していればまずロックオンされる前に逃げきれるだろう。

 ただし!いくつか注意点がある。

①ドックとゲートの利用禁止時間
 戦闘行動後60秒間はドックインもゲート起動も出来無くなる。こちらから手を出して居なくても、反撃した時点で戦闘行動と認識されてしまうそうだ。ステーションなりワープゲートなりに逃げ込む前に、ある程度時間を経過させないといけない。

 また、船を撃破されて卵になった場合もこの禁止時間は適用される。撃沈後ステーションに向けてワープし、すぐにドックに入ろうとしたら拒否られて追い付かれタマゴ焼に・・・なんて事も。
 このように、逃げる際は何度かワープを入れて禁止時間を潰しておかないと危ないのだ。

②月は危険
 緊急脱出の目標として適当な天体を選んで飛ぶ事になるが、月(moon)に向けて避難するのは危ないらしい。月にはプレイヤーがPOS(個人用基地)を立てられるので、近づく者を無差別に攻撃するタイプが設置されている事もあるとか。

 まあ、普通は月までオーバービューに出す事は無いだろうからあまり関係ないだろう。普通に惑星にでも飛べば問題ないかと。

③ボムに注意
 前にも取り上げた事があるが、スマートボムも危ない。あれは範囲内の物体全てにダメージを与えるので、ロックする時間を考えずにもタマゴを撃破する事が出来てしまうのだ。

 戦艦用スマートボムの爆破範囲は6000m程なので、近距離オービットで足止めをするタックラーなんかあぶなそう。タマゴになった瞬間食らったら即死だ。ボムを使ってる相手を見つけたら、近距離には近づかない事・・・。
 
④範囲型ワープジャマー
 通常のワープジャマーは、ロックオンした相手単体にしか効果がない。しかし、一部の船だけは範囲型のワープジャマーを展開する事が出来る。

 俗にジャマープローブと言う物で、半径20kmの船すべてのワープを封じる事が出来る。何個も展開すれば辺り一帯ワープ禁止空間の出来上がりだ。

 ちなみにこれが展開出来るのはSL0.0以下の領域のみらしいので、Lowで戦闘する場合は気にしないでも良い。この制限のお陰でLowでタマゴ焼になる事はあんまり無いらしい。

 
 んーと、死に方に関してはこんな所かな。あとはまた別の機会に・・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/559-78291bc5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。