FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義体 

 今日は新しい体に付いて

 このEVE宇宙において、宇宙船艦長の職にある者は全てクローンの作成が義務付けられている。この決まりのお陰で、PODを破壊されてその時使用中の体が死んでも、ステーションの保管してある予備の体から復活できるわけだ。

 ・・・某甲殻機動隊みたいに機械の体というわけではない。100%生身のフレッシュクローンだ。

 長いので続きへ

 さて、死んだときの復活用クローンとは別に、ジャンプクローンと言う物がある。

 これは生きたまま自由に体を取り替えて使うタイプのクローンだ。意識と記憶を情報化して遠く離れた体へ瞬間転送すれば、擬似テレポートみたいな事が出来ると言うわけだ。 もちろん転送元の体が起きたままだと同じ人間が2人いる事になってしまうので、起きているのは常に一人だけだが。

 この機能によって、遠く離れた星系で自由に活動する事が出来る。ただし、それぞれの体は別物なので、体に埋め込んだインプラントは転送先の体に付けた物となる。それと、一度ジャンプクローンに切り替えると、24時間は切り替える事が出来ない制限が付く。

 ジャンプクローンの使い方は擬似テレポートだけでは無い。それぞれの用途に特化した体を使い回すという事も出来る。

 例えば・・・
①HI(安全宙域)用
 基本的にPODキルされる事は無いので、思いっきりお金を掛けたインプラントを刺してOK。
 各能力値を上げるラーニング系インプラントはALL4か5刺して置ける。
 ミッション用に火力を上げたり電力上げたりサルベージを早くしたり、用途に合ったスキル系インプラントを集中運用出来る。

②LOW(SL0.1~SL0.4)用
 対人戦闘で船を破壊される事はあるが、POD状態で逃げられる事が殆どらしい。私はやった事無いのでなんとも言えんが・・・。慣れてる人ならHIと同じインプラントで行けるって事だろうか。でもやっぱシチュによってはLowでも死ぬだろうしなあ・・・。スマートボムとか・・・。
 頻繁にLowとHIを往復しないならLow用の体を作っておいた方がいいかも。
 ラーニングするスキルを決めて、INTとMEMだけ+4、あとは+1とかで抑える。この体の時はINTとMEMを使うスキルトレーニングしかしない!とか決めておけば、お金を掛けずにHIと変らぬ学習時間で済むし。

 
③0.0用
 Lowとの違いは範囲形ワープジャマーの存在。これが展開されている場所だと、タマゴになってもワープで脱出が出来ない。つまりLowよりもタマゴ焼になる確率がかなり高いのだ。
 ここへ入るなら、もういつ死んでもいい体で行くべきだな・・・。

 

 私は探検用の体として、次のようなインプラント構成を予定している。Lowでのタマゴ逃げの練習をしてから刺す事にしよう・・・w

■全身是探也!(違
⑥Hardwiring - Poteque Pharmaceuticals 'Prospector' PPF-1
 スキャン時の誤差6%ダウン

⑦Hardwiring - Poteque Pharmaceuticals 'Prospector' PPG-1
 信号強度3%アップ。 発見確率が上がる

⑧Hardwiring - Poteque Pharmaceuticals 'Prospector' PPH-1
 スキャン時間6%短縮

⑨Hardwiring - Poteque Pharmaceuticals 'Prospector' PPX-1
 コードブレイカーの成功確率5%アップ

⑩Hardwiring - Poteque Pharmaceuticals 'Prospector' PPZ-1
 コードブレイカー・サーベイヤー・サルベージャーの起動間隔5%減



 あ、そうそう。ジャンプクローンを作るには、メディカル施設のあるステーションを持っている企業のコープスタンディングが8。0位いるらしい。MIOなんかはこれに該当しており、4J位の所に作成できるステーションがある。

 あとはジャンプクローン用のスキルが必要だ。こっちはかなり軽いので、2体位ならすぐもてるだろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/536-713fc59f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。