スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯罪の現場 

 今日は警察の大捕り物に遭遇した

 ちょっと商都JITA星系へお買い物しにジャンプを繰返していると・・・




 ブッ!なんぞこれw

 大小の白いマークは全部警察(コンコード)の艦艇なのだ。通常ではありえない程大量の警察艦がジャンプゲートを取り巻いている。一応普段でもゲートの警備を行っている事はあるが、精々5隻程度なのに・・・。

 セキュリティレベルが0.5以上のHisec星域では、堅気の船に対して攻撃を行うと即座に警察艦隊がジャンプしてきて攻撃側の犯罪者をふるぼっこすることになっている。おそらくちょうどその直後の現場に遭遇したのだろう・・・w

 普通はHisecで他人を攻撃しても、自分が死ぬだけなのでそんな事をする馬鹿は居ない。んが、犯罪集団はその状況すら利用して強盗を行うのだ。通称この自爆型強盗犯罪を「神風 KAMIKAZE」と言う。



 ■神風の手口
 基本的に犯罪者の船が警察に落とされるのは避けられない。それでも決行されるのは、沈んだ船以上の儲けが予想される場合だ。
 例えば市場価値100M相当のレアアイテムを輸送している輸送船が居るとする。
 犯罪者はゲートで通りすがりの船の積荷をスキャンして、こういう高価な物品を運んでいる船を捜している。
 この輸送船を撃破すると、運が良ければ100M相当のアイテムがそのまま残骸の中に残される。
 もちろん攻撃した犯罪艦は警察に落とされるので、近くに待機していた仲間の船がその残骸からアイテムを盗んで逃げる。
 輸送船がIDS(工業船)やシャトル・FG等なら、BC級(バトルクルーザー)を使って撃沈する事はたやすい。
 BCの値段は35M。保険を掛けておけば、沈んでも15M程度の被害額で済む。攻撃側からすれば少ない投資で大もうけのチャンスがあるという訳だ。



 逆に、防御力の高い戦闘艦で輸送している場合は襲われる心配は殆どない。戦闘艦が相手の場合は、犯罪者側も数隻がかりで一斉に仕掛けないと、相手を落とす前に自分が警察に落とされてしまう。襲う側も下準備が必要だし、かなり高価な積荷で無いと割に合わないのだ。

 私も以前時価1000M相当といわれたレアBPCをJITAまで運んだ事があるが、神風恐くてガクガクだった・・。がちがちに防御を上げた戦艦に積み込み、メンテ間際の人が少ない時間帯に輸送したなあw
 


 このように商都JITAへ向かうゲート上は神風待ち伏せ艦隊が常駐する超危険地帯と化している。基本的に通過する船は全部積荷チェックされていると考えてよい。相手に気づかせずサーチするなんて当たり前に行われているのだ。特に総額100M越えの場合は要注意。

 こういう状況では、高価な物を輸送する際は防御力の在る船を使うのが一般的だ。小さくて早くて防御力の高い船という事でCSやASやHASが使われているようだ。

 そこまで乗るスキルのない私みたいな一般人は、遅いけど防御力の在る戦艦を使えばまあ大丈夫だろう。もちろん戦艦と言えども数隻がかりで襲われたら危ないのは変わりないので、防御を上げておくに越した事は無い。

 特にレア物を扱わない場合でも注意はしておいた方がいい。ミッションランナーだと、溜め込んだサルベージパーツをIDSで輸送するなんてこともけっこうあるだろう。案外総額にすると100M越えている場合もあるのだ。

 MOD類はともかく、rigの材料になるサルベパーツ類は戦闘艦で輸送するのをお勧めする。殆ど容量とらないし。それ以外のMOD類なら、量にもよるがまあ余程暇な盗賊以外は襲ってこないだろう。



 と言うわけで、安全宙域といえども油断は禁物・・・というお話。別に相手を攻撃できないから安全宙域というわけじゃない。割に合わないから普通は襲わないだけなのだ。リアルと同じなんとも世知辛い話ではあるが・・・w

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/495-55e2e9fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。