スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EVE グール再び 後編 

 今日は中編の続き

 一旦ステーションに引き返し、今回出てきたクルーザーや戦艦クラスのドローンについて調べてみた。いまさら依頼元のエージェントに聞くわけにも行かないしな・・・。

 するとこんなレポートが見つかった。
http://evewiki.info/w/BackStories/Rogue_drones/

 要約するとこうだ。


 長いので続きへ



 むかーしむかしの事じゃった。ガレント連邦で、高度な人工知性を持ったスーパードローンを開発しようとしたそうな。これらはマザードローンと呼ばれ、従来の物より大きく、ワープドライブを備え、高度な知能で他のドローンを統率するスペックまで持っておったそうじゃ。

 開発は途中までうまく行っていたんじゃが、ある日突然この試作ドローン達が暴走・制御不能になり、他のドローン達を引き連れて逃走してしまったんじゃ。

 逃走したマザードローン達は、まるで生物の様にアステロイドの中に自分たちの巣を作り、自ら仲間を生産して増やし始めたんじゃ。

 仲間を作るのに必要な資材を確保する為、おじいさんドローンはアステロイドへ鉱石を掘りに行き、おばあさんドローンは交易路へ民間船を襲撃しに行ったりしたそうじゃ。こうして巣は密かに発展・拡大を続けて行ったんじゃ。

 やがて船に寄生して乗っ取る事を覚えたドローンたちは、安全に他星系へ移住する術を手に入れてしもうた。人間達が事態に気付いた時にはすでに、ドローン達は数多くの星系に拡散して棲み付いてしまっておったんじゃ。これらのドローンはローグドローン(Rogue Drons)と呼ばれ、民百姓達に恐れられた・・・。

 ローグドローン達の悪行に耐えかねた各国が、全面討伐の会合を持ったが足並みは揃わず、結局は各星系独自の判断で対処療法的に討伐するにとどまっておるんじゃ。

 各星系に広がったドローン達は、それぞれの巣の女王であるマザードローンの方針によりそれぞれ独自の方向へ進化しておる。彼らは世代を重ねるうちに突然変異も繰り返し、様々な大きさ・種類・機能を持つ個体を作り出したんじゃ。

 そして現在も宇宙のあちこちで船を襲い、増殖し続けておるそうじゃ。いつかは増殖・強大化ドローン達に食い尽くされてしまうかもしれんのう・・・。

 めでたくなしめでたくなし・・・



 あー。見た事無い型や艦載機以上の大型が居たのはこの性か。やたら生物的なカッコをしていたのもうなづける。あのドミックス級は乗っ取った船をドローンが使っていたんだな。

 しかし正体が分かってもやる事は変わらんな。あのダメージは正直痛いので助っ人を呼ぶ事しよう。と言うわけで、会社の同僚2名が支援に来てくれた。

 どうも最初に指定された座標にワープアウトすると、ドローンの群れのど真ん中に出てしまうようだ。全包囲から集中して撃たれるとマズイのは初回で分かったので、あえて70kmほどはなれた地点にワープアウトする事にした。これなら寄ってくる連中を近づく前に落とす事が出来るし、敵火力が一気に集中する事も無い。 

 こうして距離をとった上に援軍まで手に入れた私は、その後も続々と湧き出るローグドローン共を全滅させる事が出来た。戦い方さえ分かればさほど苦労する相手ではなかったな。

 ドローンには賞金が掛かって居ないので、いくら倒しても報酬は増えない。手に入ったのはミッション達成報酬と、ドローンの残骸から出てきた大量の鉱物結晶だった。

 SL0.0でしか採掘出来ないミネラルも大量に含む結晶なので、ミネラルに熔かして売ればかなりの額になるだろう。報酬と合わせて3等分して皆で分けた。


 うーむ、しかし野生化した集団ドローンがいるとはなあ。しかもあんな戦艦まで使っているとは。いまは人間の扱う兵器の方が強いが、このまま進化し続けられたらどうなるかわからんなあ・・・。



 ちなみに、その後ドローンの巣を破壊する別の仕事を依頼された。

070906-11.jpg


 で、でかすぎる・・・。こちらの戦艦がゴミの様だ・・・。
070906-12.jpg


 数多くのドローン達に守られ
070906-13.jpg


 何度か撤退を繰り返しつつも
070906-14.jpg


 何とか巣を撃破する事が出来た。この中にもマザーは居たのだろうか?
070906-15.jpg


 実際に行ってみたがとんでもないでかさだった。ステーションと同じぐらいの・・いやそれ以上にデカイ。帝国の支配地ど真ん中に作られているぐらいだから、これでもおそらく奴らの前線基地程度なんだろう。辺境の星域ではどうなっているやら、考えるだに恐ろしい・・・・




 これってジャンクメタルのグールの設定そのままだなw あっちは惑星改造コンピュータが暴走し、自動機械を支配して人間を攻撃するようになったって設定だったし。独自に進化して行く所までいっしょ。
 JMの技術がドローンに受け継がれたなんて勝手な設定を最初の頃言っていたが、なんか妙にしっくりきたわw

コメント

(放置も可愛そうだから一応突っ込むか・・・)
>…「敵のお尻に己が乗れば百戦危うからず」っていうしね。

い・い・ま・せ・ん!w

やっぱり情報不足で敵と戦うのはそれなりにリスクを負うってことなんだねえ…「敵のお尻に己が乗れば百戦危うからず」っていうしね。
  • [2007/09/10 12:24]
  • URL |
  • レオン=アレハンドロ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/450-7f27ea09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。