スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネカフェ盗難? 

 今日は新しく始まったネットカフェキャンペーンについての注意。

 公式サイト曰く、


 「公認ネットカフェ Welcomeキャンペーン」
期間中、公認ネットカフェからログイン中のキャラクターを対象として、冒険、戦闘、交易のそれぞれについて、プレイ中に獲得する経験値が1.5倍になるキャンペーンです。

キャンペーン名 : 公認ネットカフェWelcomeキャンペーン

実施日程 : 2007年3月28日(水) 16:30 ~ 2007年4月25日(水) 13:30

対象者 : 公認ネットカフェからログイン中のキャラクター
※公認ネットカフェにてネットカフェアカウントでログインされた場合、または、製品版アカウントをすでにお持ちの方が、公認ネットカフェからログインされた場合、そのどちらも対象となります



 ふむふむ。つまり、私のキャラでもネットカフェからつないでプレイするだけで、経験が1.5倍もらえるという事か。これって結構使えそうだ。経験値を稼ぐ準備を家で終わらせておいて、経験値稼ぎの作業はネットカフェから行うとか。

 商業ならベルベット織りとか東南アジア羽毛オンラインとか、家と商館に香辛料や宝石貯めまくってネカフェから売却とか。軍事なら狩場(アジア・カリブ等)篭りとか。冒険なら地図回し・クエ回しとか。ネットカフェも深夜料金は結構安いので、無料ドリンク飲みつつさくさくレベル上げができそうだ。

 特に最近はロワイヤルとか、商大クリッパーとか、大クリッパーとか、高レベルを要求する船が増えてきたので、経験値が欲しい人は多くいるだろう。他にも倉庫キャラにアパルトメントを買わせるためのレベル上げとかいいなあ。合計30レベルまで稼ぐだけなら短時間ですむし。

 時間的余裕があったらやってみよう。・・・・たぶん無いだろうけど(ry



 と、さんざん煽って置いて、今日の本題。

 ネットカフェからプレイする時に注意しないといけない事がある。それは、ID/PASSの盗難だ。ネットカフェから接続する際にもやはりログイン用のID・PASSを入力する必要があるが、それが盗まれてしまうことがあるのだ。

 手口として一般的なのは、あらかじめ犯人が普通の客としてPCを使い、盗聴用のソフトをインストールしておく。その後何も知らない次の客がそのPCを使った時、打ったキー情報が盗聴されてインターネットで待っている犯人の元へ送られてしまう。そこからID/PASSが流出、となるわけだ。こういうキー情報を盗むソフトの事を、「キーロガー」と言う。

 自宅のPCならば、怪しいサイトに立ち入らない・ブラウザのセキュリティレベルを上げる・ウィルス検知ソフト・スパイウェア検知ソフト等をインストールしている等の対策で、そういう怪しいソフトの進入をある程度防ぐことが出来る。

 んが、ネットカフェのPCは事実上野放しだ。悪意ある人間がばれないようにインストールしてしまえば、後からそのPC使うユーザは全員被害者になってしまう。しかも、そういう被害にあっても現状では殆ど救済される事は無い。よほど犯人がヘマをして身元がばれる様な事をしない限り、被害者は泣き寝入りするしかないのだ。

 正直、ネットカフェの様な誰でも使える端末で、IDの類を打つ事はやめたほうがいいと思う。

 ゲームのIDが盗まれた様な場合は、勝手にキャラを操作されてアイテムやお金を盗まれたりキャラデリされたりするぐらいだが(それでも当人にとってはしゃれになら無い被害だが)、ネットバンキングやメールなんかのパスワードはリアルでまずい。
 
 特に今回のネットカフェキャンペーンは危ない気がする。いちおう公認ネットカフェのみ対象らしいが、どこまでセキュリティが確保されているか怪しいものだ。誰かが使うたびにクリーンインストールの状態で立ち上がるタイプならいいが、ネットカフェでそんな仕様のPCが殆どあるとは思えんし・・・。

 この大航海時代オンラインと言うゲームは結構幅広い年齢層・職業の人々が遊んでいるので、こういう危険性について全く知らない人も多いだろう。そういう人が被害に遭ってしまいそうでちょっと怖いな・・・。

 つうわけで、基本はネットカフェからやらないと言うのが一番なのだが、やっぱ経験値ボーナス( ゚д゚)ホスィ…という人向けに、最低限できる自衛策を書いてみる。

 ・パスワードの変更
 ネットカフェでのプレイが終わったら、すぐ自宅の端末からパスワードの変更を掛ける。IDは流出してしまっても、パスワードが変わっていればログインできない。対応としては一番確実かなあ?
 まあ、自宅に帰るまでの時間は無防備だが、そうそうすぐにアタックはしてこない・・・と思いたいw。あと簡単すぎるPASSに変えても意味が無いのでそれなりに考える事。

 ・勝手にセキュリティソフトインストール
 ネットカフェのPCにも、最低限ウィルス検知ソフトは入っているはず。ウィルスバスターとかそんなやつだ。とりあえず手動でそれらに最新パッチを当てる。
 次にアドウェア・スパイウェアの検出ソフトを探す。入っていればそれも最新パッチを当てて検知を行う。入っていなければ無料の物を勝手にインストールしてしまえw どうせばれやしないw
 世に出回っているタイプのキーロガーや盗聴ソフトの類はこれである程度排除できるはず。まあ、あんまりメジャーじゃないソフトは見逃してしまうので、100%安心とは言えないのだが。あくまで気休め程度と考えておこう。

 ・そもそもネットカフェで機密情報を入力しない
 まあこれが一番ではあるのだが・・・w

 こんなところか。とりあえずパスワード変更やっとけば最悪の事態は免れると思うので、ネットカフェからつなぐときはくれぐれもご注意を。自己責任ですからな~。

コメント

私が今まで行ったことあるネットカフェは、普通のPCに普通にウィンドウズがインストールされてるだけだったな。
アクセス制限とか、権限管理とかまったく無し。アドミン権限だったから、どんなソフトも入れ放題だったなあ。外部からの進入はセキュリティソフトが対応してくれるけど、悪意あるユーザーにはまったく無防備おもふ。

方向的に変な話だが、
光栄がネカフェでのセキュリティの脆弱性を認識してないとしか思えない。
確かにたかがゲームなんだが、
当人にとっては金銭にも換えられないものだろうし。

ネカフェ側もそこら辺のセキュリティって対策はしてるのだろうか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/376-fd28218f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。