スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーメラン再び 

 今日はブーメランについて

 ブーメランが廃止され、代わりに発注書(後にカテに変化)が導入されて大分経ちましたなあ。

 導入当初はカテの供給が少なすぎて死に仕様となっていたが、現在は多めにもらえる商人クエや、造船でのカテ量産が普及して、必要十分な量が供給される体制は作られた。ブメで積み込みしていた頃よりはかなり快適になったと言えるだろう。

 ちなみに、DOLに於いてのブーメランとは何かと言うと・・・

 洋上で一定距離航海すると、出航した港での交易品購入量が回復したり、吹っかけ・値切りがリセットされてまた交渉出来る様になったり、再度投資が出来る様になる事を言う。一定距離進んだ後、Uターンして元の港に戻る事から「ブーメラン」と呼ばれる。
 別の港に入港し戻ってくることでも同じリセット効果があるので、こちらは擬似ブメとも呼ばれる。隣の港が至近にある環境では、洋上ブーメランをするより早く往復できるので短距離交易・スキル鍛錬のメッカとなっている。(例:バルパル・ロンドバ・アムヘル・ジェノカル・カリコチ等々)

 現在ではカテや投資申請書が普及しているので、あまりブメは行われなくなった。んが、ここ最近急にブメをする人が増えてきた。かく言う私もその一人だ。

 後は長いので続きへ
 なぜ急にブーメラン熱が再発したのか言うと、ずばり工作室の登場と管理技術上げの為だ。

 最近出たジョインビルド船のスキル:工作室。効果は、洋上で移動しながら生産したとき、縫製・鋳造・工芸の大成功率がアップする、というもの。このスキルが使えれば、大成功でのみ熟練が入る管理技術も上げやすいし、大成功が増える分儲けも増えるという訳だ。

 まあ、移動していれば良いだけなので、帆を最低にしてのろのろ動きながら生産しても効果は変わらないが、どうせ移動するならついでにブーメランもやっちゃおう、と言うことだ。

 ブーメランも一緒に行えば、材料を仕入れるカテを1枚節約できるし、生産物を交易所で売る場合に毎回吹っかける事が出来るので、通常より利益も大幅に増えるのだ。微々たる物だが会計の熟練も入るし。なお、2アカキャラも一緒に引っ張ればカテ2枚分節約可能だ。

 私の場合、インドでベルベットを織りながらこんな感じでやっている。

1、生糸を500程積み込む。(2アカも引っ張っているので、使うカテは3枚で済む。ジョーゼットやサテンの場合はカテ2枚)
2、洋上に出たらまっすぐ全速前進。生産委任ではなく、マウスクリックで生産開始。
3、ずーっと進むと、街が水平線に完全に沈んで4秒ほど経ったらUターン。
4、街に向かって進路を修正したあと、また生産連打。
5、街につく頃には材料も使いきり、300程ベルベットが出来ている。大体3.5日程掛かっている。
6、ベルベットを吹っかけマックスで売り。吹っかけ失敗したら温存し、次のブメで再挑戦。
 以下繰り返し。

 工作室の効果は大体7~10%大成功が増える。吹っかけの最大値は1.2割増し。大成功の分原価は下がるし、吹っかけの分売却額は上がるしでウマウマだ。多少相場が悪くても、工作室のおかげで織れる時間帯が非常に長くなったし、カテの消費もかなり抑えられている。

 ただし、いくつか欠点がある。この欠点と利益を秤にかけて状況に合わせて判断するといいだろう。

・ブメ中は各種服装備が劣化する
・PKがいる場合は青ゾーンから出られない
・交易所にいる時間が短いので、繊維支援が出来ない。最近は寝る前の放置支援しか出来ていないのだ・・・。
・常に移動と生産を行うので忙しい。まあ、これは陸生産でもあまりかわらないかw
・移動で時間を食うので、単位時間当りの生産数は、陸織りに比べて下がる。良い相場の時間は短いので、そういう時は陸織りにした方がいいかも?

 こんなもんだろうか。この方法を使って一日管理技術熟練6k以上稼いだ事もある。別にベルベットに限らず、ほかの生産物でも応用できるので、管理技術上げに困っている人は参考にしてみるといいかもしれない。

 ちなみに現在管理R8 熟練8000/12800。このまま10まで行っちゃおうかなw

コメント

<郁チャン
詳細なレポートお疲れ様!羊から作る手間が致命的なんだよねえ。多分ホルムズ以東では羊毛でないんだろうな・・・

<かいと君
耐えろ・・・耐えるんじゃw
海戦は出られなくなったけど、代わりにツアーとかやってくれればあるいは戻れるかも・・w

<猫さん
あったなあ・・・そんな濃い歌も・・w

ヒデキ!

猫は子供のころから西城ヒデキの♪ブーメラン ブーメラン ♪を聞いてますので 聞き飽きたを通り越して 聞かないと不安だにゃー 

せんせー
毎日ブメブメブメでもう飽きました!
ぼくの居残り勉強、いつまで続くのでしょうか!!
英国が会戦参加になれば帰国できそうなんですが、今回はイロイロねぇ・・・

繊維なし縫製レポート4

コメントを占領してしまいそうです。
①R7フランネルについて
ついに、R7フランネルへ進みます。
原価 87*177=15,399
生産量 87*1.25/4=27.2枚
売上  2,500(100%)*27.2=68,000となります。
よって、利益52,601です。
②カテについて
先日、ギスカールさんに織物詰め合わせを作って頂きましたが、生糸も高い事があり、赤字になる織物がありました。また、利益が出るのはベルベよりも、コブランのようで、どちらかと言うと生糸の使用本数の少ないコブランの方が私にとっては有難いのです。
また、カテが不足する心配をしていたのですが、もう少しランクが上がれば、名産織物詰め合わせを持って、マスポンのブメで、カテを集める事が出来る様になります。カテ2と4が沢山余りそうです。
③料理について
生産をしていると、料理の不足に悩まされます。地中海では時々、調理師や交易商人になって、料理を作りだめします。疲労しないので、行動力回復を重視して牛グリルが主体となります。インド方面での料理は、まだ研究が進んでいませんが、ジャカルタだけで材料の揃う東南アジアで陸レシピR9(名前忘れた)を作っています。インドでの転職が困難で宝石商のままでも、作れますので。

だんだん、羊をさばくのが面倒になってきたので、羊さばきアルバイトを募集したいくらいです。

繊維なし縫製レポート その3

羊からの縫製は、まず、羊毛作りが基本です。この加工で熟練が1でも、0.5でも入れば良いのですが、簡単な加工なので、残念ながら全く、熟練は入りません。
さて、羊毛の計算が面倒なので、前回の数値を踏襲して羊毛87巻(原価15,429@177)からのスタートとしましょう。
R5コーデュロイ 
生産量 87*1.25=109枚
原価  177+340(127%綿花)=517
売値  {897(92%)-517}*87=33,060
となります。綿花はマスリで縫製家さん達が繊維取引向上のため、山のように売ってくれますので、調達に困る事は無いと思います。

今でも、バザーとかで稀に繊維発注書とか見ますね。どのような場面で、発注書をもらえたのかも忘れてしまう程、昔の話ですが、私には無用の長物なので、一枚1,000とかで、バザーしていた記憶があります。今思えば、もったいない事です。カテ2と4が値崩れしてきて、カテ1と3の値段が上がっています。カテ1は一時期、5,000前後の捨て値で売られていたこともありますが、今では10,000でも入手が難しくなりました。羽毛オンラインや西鶴貿易の影響でしょうか。いろいろ、考える人は居るものです。
ハンブ、バルセ、カルカ等の港から、風物詩の様に一筋の船列が蟻の行列の様になっている光景が(危険海域では少し蛇行気味)再び見れるようになる日が来るのかもしれませんね。ブメの目印バルシャとか、青ゾーン境界海賊とか、なつかしいです。

進級できるかな

ふむふむ、なるほど。テストに出そうなのでФヾ('∀`* )メモリング。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/351-05898ccd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。