スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E鯖時事&小ネタ 

 今日は思いつくまま時事から小ネタまで。

 ・KGB?
 先日騎士爵になったが、今までと変わった事がひとつある。イングの同盟港の酒場のマスターが、私の名前を覚えてくれたのだ。世界の最果てベンガル湾に面したマスリパタムですら「おう、ギスカールの旦那じゃないか」とか言って来る。ちとうれしかったw。女性騎士の場合は何て呼ばれるんだろう?姐御?姉さん?義姉さんとか?最後のは違うか。

 つうか、こんな僻地にまで騎士の名前が伝わってるっておかしくないか?実は酒場のマスターって、各国情報部の構成員とか!?みんな同じに見えるけど、港の旗が変わるたびに入れ替わってるのかも知れない・・・。

 と、後長いので続きへ
 ・関税
 これも騎士爵に関係することだが、関税は変わってない事を確認。やっぱ準男爵にでもならないと全港関税免除特典はもらえないのかも。

 大海戦出たいなあ。多分あと1回出れば海戦爵位4回目貰えるはずだが・・・。3日間フルに出れば戦功200位何とかなる。その後300Mぐらい投資すればそっちでも爵位貰えるはず。

 ・アルマジロ
 モザンビークで「アルマジロの鉄皮」という装飾品を売っている。装備すれば防御力+5、防御スキル+R2。使用効果「防御力上昇」と言うものだ。耐久力20なので20回まで使用することが出来るし、持ち歩いても劣化しない。

 船での白兵戦になった時に、防御スキル代わりに使おうと思ってずっと持っていたのだが、もしかしたら船の白兵戦では使えないかも・・・。誰か知ってる人いたら教えてプリーズ。陸上では普通に防御力を上げるアイテムとして使用できた。海と陸両方で使えるアイテムもあることだし。


 ・ヴェネチア選挙
 これは実際出た訳ではなく聞いただけの話だが。
8/5土 ヴェネチアで会議の議長を決める選挙があったらしい。

 もともとはあまり人数がいない新興国の国民が、団結して何かやるときの連絡取りまとめ役、というような役割の会議議長だったのだが、どうも最近は性格が変わったらしい。投資の方針を決めたり、他国との外交を決めたり、いろいろと権限が増えてきたそうな。というか、現議長がいろいろやっていたそうな。

 なんか首脳部とか作っちゃって、国としてちょっとヤバイ方向へ進みかけてたっぽい。そんなわけで、議長変えたほうがイインジャネ?つうか俺らの国どこいっちゃうの?という不安の声が上がり議長選挙という事になった、と他国人の私からはそう見えた。

 その結果4人の候補が名乗りを上げた。なんかPK商会の奴まで混じってたらしい。そして投票の結果、26対25対25対18で新議長が選出されたとか。って、総投票数100人居ないのか。しかも1票差だし。下手したら自称皇帝のPK商会の奴が議長になりかけてたのがコワッ。大丈夫だろうかヴェネチア・・・。

 まあ、所詮は他国事なんだけどねw。はたでニヨニヨ眺めてる分にはいろいろやってて面白い。個人的には、ネトゲで組織を作って統制しようとしても反発が多くて疲れるだけだと思っている。JMでもいろいろあったしなあ・・・(´-ω-`)

 海戦の作戦会議以外は、情報交換とかイベント告知の場ぐらいにして置くのが無理なく進められていいと思うんだがなあ。ゲーム内会議で議論してると時間足りないんで、事前に外部チャットなどで討論は終わらせて、本会議は報告と簡単な決を取る場にして置くとか。

 投資に関する連絡などは、IRC使わないとリアルタイムで即応出来んし。まあとにかく、新議長の元でどうなるのかニヨニヨしながら様子を見ていようw。


 ・タマタブかわいいよタマタブ
 東アフリカで冒険中にタマタブを何度も訪れていたのだが、このマダガスカルの小村で熾烈な投資戦が長く続いている。ポルトガルとイングランドの香料貿易をしてる人たちが取り合いをしてるようだ。小競り合いが長期化している影響で、いつの間にやら発展6万間近のありさまだ。

 私がくまぷ~で寄った際もポル人が70M以上投資していたし、しばらくして続きのクエ中にまた寄ったらそれ以上の額をイングが投資していたり。今の所イングの同盟が維持されているが、2%も差が無い状況で押したり引いたりして頻繁に同盟が変わっている状態だ。50%対49%とか、完全に他の国はすりつぶされてるしw

 確かに香料貿易は相場が合えばうまいんだよね。ゴア2kで買って東アフリカ10kで売れたりするらしいし。主力のジャスミンがポル領土のゴアでしか出ないのが珠にキズだが。

 まあとにかく、今はどちらも譲らずにやってはいるが、香料貿易を主力にしているポル人の方が数が多く、いずれ押し切っちゃいそうな気がするなあ。正直イング人にはタマ使いづらいし。イングの投資は、やりたい人が自由にやる というスタイルなので、タマ使わない私は生暖かく見守る事にしよう。ファイト!


 ・マッサワで金銀鉱脈発見?!
 自作のラクダバーヌースが壊れたので、マッサワにバーヌースを買いに行った。もう自分で着る分しかつくんないもん・・・(ry
 
 そのとき偶然持っていた金塊を売ろうとしたら、相場140%なのに、売値2700。え?安過ぎ!!どうやらこの港には、金が眠っているようだ。もっと発展度が上がれば、交易品として誰でも買える様になるのだろう。マッサワには銀もあるので、この世界唯一貴金属が2種以上出る港という事になる。貴金属取引を鍛えるにはうってつけの港になるだろう。まあ、私は貴金属取引もう切っちゃったけどね・・・。 


 ・西アフリカ騒乱
 西アフリカ、サンジョルジュ。ここは初期のヴェネチアが国を上げて初めて投資でゲットした外洋港。金とダイヤと象牙を産出し、現在では至近港との擬似ブメも可能で、帰りにカテ入手クエを受けることも出来る西アフリカ北部では一番の優良港だ。

 今までは、西のアビジャンはイスパ、サンジョはヴェネと住み分けが出来ていた。イスパとしてもヴェネは大海戦で連盟してくれる可能性のある相手なので、関係悪化を避けるために手を出さないというのが基本方針だったのだが・・・。

 前回の第16回大海戦。イスパニア攻撃のドゥアラ戦で、ヴェネチアがイングランドに連盟投票をして海戦不参加。連盟を受けられなかったイスパニアは、ポル&フランスの2国を相手にする事になり、いつも通り敗北を喫する事になった。今回は初めてネーデルも海戦不参加だった為2:1の戦力差で済んだが、さらにネーデルまで参戦していたらもっと一方的な海戦になっていただろう。逆にヴェネチアがイスパに付いていれば、2国対2国でいい勝負になったかも知れない。

 この事態に対しイスパニアの一部の人達が、「連盟してくれないんなら遠慮する意味無いじゃん?」という事で、アビジャン以上の優良港 サンジョルジュを投資でイスパ同盟にしてしまった。当然ヴェネチアの反撃もあり、今現在も取り合いの最中ではあるが、暫定的にイスパ同盟の状況で数日が過ぎている。

 さらに、以前一部のイスパ・ヴェネ海賊の間で結ばれた、パルマ協定という相互不可侵協定にも脱退者が出たとのうわさもある。この協定は、イスパとヴェネの海賊が、お互いの国の白ネームを襲わないという物だそうだ。

 そのほかに、代わりのつもりかなぜかヴェネチアがイングランド同盟だったサントメを奪取した。重要港サンジョで戦っているときに、なんで無関係のサントメ奪取なのか理解不能だ。一気に60%以上も奪取するすさまじい投資だった模様。

 さて、そんな感じで西アフリカ北部ではまたちょっともめている。

 新議長の元、ヴェネチアが国を上げて思い出の地サンジョ奪還に動くか、アドリア交易あればいいジャンという声に賛同し完全放棄するか。

 とばっちりでサントメ取られたイングはどうするのか?

 アビジャン・サンジョ・ベニンと至近の3港を手に入れたイスパは、せっかくだからもらっちゃうか?ビグザム隊の気晴らしに付近の商圏安定統治へ動くのか?

 イスパとヴェネの連盟の可能性はここで潰えるのか?

 つうか、何気にポルが一人勝ち?w

 ニヨニヨしながら眺めて行くとしようw

コメント

いやそんな限定した仕入れじゃ…w
あれ200出ないしなあ

ジャスミンはカリカット北の地図で大量ゲットします。(生態R11だけど)これをタマダブで売れば、大もうけです。是非、イスパの港に・・・!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/227-a496dd71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。