スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い金 

 今日は最近あまり見かけないアレについて。
(別に裏金とか賄賂とか、ダークなお金と言う意味ではない)

 最近はクマぷーのツアーでインド洋まで行く事が多い。ザンジバルで解散するので、自然とインドのお土産を買って行く事になる。ついでにザンジを出る前にカテ4クエを受けて行けば、危険を避けて欧州へ直帰できるし。

 インドのお土産と言えば、コショウ・シナモン・カルダモン・ルビー・サファイア・キャッツアイ・生糸・ペルシャ絨毯なんかがありますな。それぞれ特徴があって目移りするが・・・

 と、なんか今日も長くなったので続きへ
 総合的なお勧めはやっぱり、ルビー・サファイア。現在のDOLで最も高く売れる交易品だし。北海で相場120%↑にでもなれば、1樽@21000(関税なし)を越える値段で売れたりする。それに比例して経験値もウマウマ。輸送中に燃えないのもグッド!

 特にセイロンではルビー・サファイア・シナモンと3つもお土産があるので、仕入れに使うカテを節約する事が出来る。まあ、3つあるからといって、全部の相場がそろって下がってる事なんてそうそう無いのであるが・・・。

 私の場合買い相場はあまり気にしない。相場の差額なんて最高で4k程度だし、安い買い場を探すのに時間を掛けるより、高い売り場を探す方に時間を掛けたほうが結局はお得なのだ。ぶっちゃけ、相場待ってられる程リーマンのプレイ時間に余裕は無い・・・orz。宝石6k位で仕入れても十分利益はでるしね。

 ただ、宝石取引もって無いので、セイロンに着いたら宝石購入支援をしてくれる人を探さないといけない。時間帯が良ければ、カテ3枚位の報酬で支援してくれる人はすぐ見つける事が出来る。たまに無料でやってくださる方もいるし。だが、どうしても多少は時間かかるし、運が悪いと見つからないこともある。



 そういう手間が掛からない、お手軽さという事ならコショウがダントツだ。国籍に関わらず有る程度の数が買えるし、原価が300以下だし、欧州どこでも暴落時以外はほとんど100%の相場で安定している。単品で売る場合でも限界吹っかけで1樽@7500位は行く。

 原価が安いので、事故や襲撃で海に流れても仕入れ価格での被害は極軽微。相場が安定しているおかげで、売り場を探して放浪する必要が無い。

 例えば、ルビ・サファ・コショウでコンボしたい時は、ルビーとサファイアだけの相場がいい港を探せば良い。コショウはどこで売っても価格は変わらないからだ。

 例外は東地中海とイスラムの街。こっちはコショウの基本価格が死んでるのでお勧め出来ない。リアルの歴史的にコショウを売っている方の街だからなあ。イスラム商人とヴェネチア商人を通して買う性で、コショウが馬鹿高くなったという事だし。同じ重さの金と同量で交換されたとか良く聞くな。



 ツアーをやっているとあまり時間に余裕が無い事が多く、カリカットでコショウとサファイアを積んで帰る事が多い。幸い料理人時代に取った香辛料取引7+2があるので、他国同盟のカリカットでも1回コショウ120樽買うことが出来る。イスパ時代はパルマでガシガシ熟練が上がったものよw。逆にサファイアは5個しか買えないが・・・。

 総量885の大型商用ガレオンに、820程コショウとサファイアを積み込む。ダミー交易品、資材、砲弾もろもろ考えて多少余裕を見るとこんなもんだ。昔はもっと切り詰めて860位まで積み込んでいたが、水切れで船足が落ちると余計な時間が掛かるので、このぐらい余裕を持たせている。

 今はクマゲット用に2ndもつれているので、こっちにもコショウを満載している。クマゲットしたら封印予定のアカだが、使えるうちは使わせてもらおう。2ndの商用大型キャラック総量620と合わせて、カテ4が9枚もあれば満載できる。

 宝石と違って香辛料は良く燃える。ええ、そりゃもう良く・・・(ry
火災がヒットした場合積んでいる数の20%が消失するようだ。800樽のコショウの場合は・・・160樽も!!((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 これを防ぐには、防火スキルをもった副官を倉庫番に任命して置くか、可燃のダミー交易品を種類限界まで積んで燃える確立を分散するかしかない。燃えない交易品はいくら積んでも確立を下げることにはならないので却下だ。水転用のビール等酒類は燃えないが、これは仕方が無い。

 カリカットから帰る場合、釣った魚・紅茶・ジンジャー・クミン・麝香・白檀・センナ・インド更紗などなど、けっこう可燃の交易品は手にいれやすい。1樽単位で買えない紅茶などは、5個買って4個その場で売れば1樽だけ残す事が出来る。

 サファとコショウ以外を全部可燃交易品1樽づつ積むと、コショウが燃える確立は「1/14」まで下げる事が出来る。釣った魚は途中で食料に転用しつつ、新たに釣って常時補給ながら航海する事も出来るし。

 交易品の種類を増やすことはPKに拿捕された場合の保険にもなる。コショウが収奪される確立も「1/15」に出来るからだ。うまく行けば魚1匹の被害で済む、せめてもの自衛手段ですな。燃えない物を運ぶ時も、必ずするようにしたい。

 まあ、拿捕というのは本当の本当に最悪の場合の事。襲われたら砲撃と撤退の鐘で可能な限り離脱を試みるし、逃げ切れない布陣ならば機雷で自沈する。私にとっては拿捕さえされなければ良し、という感じ。撃沈なら交易品がある程度流れるだけだが、拿捕は船員0になる上にアイテム類・船部品にまで被害が出る。そっちの方が痛いのだ。メイン帆等は航海中装備してないといけないので、高確率で収奪の危険が付きまとう。

 たまに拿捕が嫌だから船の耐久をぎりぎりまで落として航海している船がいるが、最近の海賊は火炎壷も使うのであまり有効では無くなっている。白兵中に火炎壷で船の耐久が0にされた場合、撃沈ではなく拿捕扱いになってしまうのだ。この場合、船員は減ってないのに積荷もアイテムも船部品も収奪されてしまうので注意。



 最近はPC売り用にルビーとかサファイアが多いが、コショウも案外捨てたもんじゃない。絶対的な経験値や金額は勝負にならんけど、安定相場によりリアルの時間を節約出来るという一点で突出した価値があるのだ。

 まあ、経験値いらない ってことなら、PC売り用に商館に出展というのが一番時間はかからない訳だがw。最近は、宝石の方が単価が高い事と、輸送中の火災が敬遠されてPC売り向けのコショウって減ってるからなあ。特にロンドンなんかコショウの取り扱いはごく一部だ。

 そのまま売っても良し、他の交易品とのコンボさせて経験値を増やしても良し。私はいまクマぷー用に冒険家なので、商館に貯めているところだ。どうせ売るなら商人の方が経験値はいるしね。貯めに貯めて、商人に戻ったときはルビ・サファ・コショウ・シナモンの4種コンボでウマウマしたる・・・クククク・・・w。

 そしてイゴールに鋳造をおぼえさせる!副官交易レベル35って果てしなく遠いけどね・・orz 経験値のみで見れば、インドのベルベット生産が一番なんだよなあ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/225-8023499f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。