スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型艦導入計画 

 今日は家に導入した新型艦について書いてみる。
(といっても、パソコンの事なのだが。しかもGWの時の事だし)

 今まで使っているうちのメインマシンの調子がよろしくない。時々フリーズしてしまうようになった。大航海していても、突然固まったりするもんで安心してプレイできないのだ。

 こないだなんか宝石積んでセイロン出航直後にフリーズし、大急ぎで復帰したときに見たのはNPCに略奪されて白旗で浮いている自分の船だった・・・orz

 あとはだらだら長い上にどうでもいい文章なので暇でしょうがない人だけ続きへ。

 なんとかだましだまし使っていたが、周囲の気温が上がるにつれてフリーズの頻度が上がってきた。PCの側版を開けて筐体内温度を下げてやれば動いてくれるのだが、音がうるさくて非常に不快になってしまった。

 スペック的にはP4-2.6G、MEM-1G、VGA-GF6600GTで問題ない。これにカノプーのTVキャプチャーカードを乗せて録画マシンとしても十分使えている。私の希望としては、音が静かになって安定して動いてくれれば別段速度に不満は無い。ちょうどGWでもあることだし、この休みを利用してメインマシン快適化を図ろうと計画した。

・原因について
家のマシンの騒音源として、うるさい順に5つあると思ふ。

1、ビデオカードファン(エルザのGF-6600GT AGP)
 一番うるさいのはやはりビデオカードファン。メガテンのヒーホー君の絵柄がついたELZAの静穏型というのを買ったはずなのだが、これがかなり耳につく音を出す。まあ、小さいファンで高熱を出すカードを担当してるんだからしょうがないのだが、こいつが騒音の8割ぐらいを出している気がする。

2、ケース前面8cm、背面6cmファン
 次にケースファン。静穏型をつけているのだが、口径が小さい・回転数が低いおかげで十分に風量を確保できていない様子。そもそもこのファンが十分に筐体内の換気を行っておれば、今回のように温度上昇で不安定になることも無かっただろう。風量を確保するには回転をあげねばならず、そうすると騒音が大きくなってしまうと言うトレードオフの関係だ。

3、HDD駆動音
 MAXTORの160GB-ATAが2つ入っている。長年の酷使&高温劣化で、音が大きくなった気がする。昔は小さくカリカリ・・・って感じだったのに、今は読み書きの度にガリガリっと音がする。騒音問題より、いつ壊れるのかそっちのほうが気になる・・・(ガクガク)。マクスターは温度も高くなるし。

4、CPUファン
 これについては特に不満は無い。別売りの銅製で大きめの物を使っているので、低回転・低騒音で必要最小限の騒音だろう。気になるほどではない。たまにエアブローでホコリを飛ばしてあげればずっとそのままでおkだ。

5、電源ファン
 別売りの静穏型。12cmファンを使っておりとても静か。問題なし。

 総合すると、ビデオカードファンとケースファンが主要な問題だ。この2つを改善すれば、騒音問題も動作不安定問題も解決できるだろう。ついでにHDDも怖いから換えておこう・・・

・方針
1、ビデオカードファン  
 これについては、ファンレスカードという究極の選択がある。文字通り冷却ファンを取っ払ってしまい、放熱板(ヒートシンク)だけで運用する方法だ。これなら騒音源のファン自体が無いので、騒音対策については最高の選択となる。

 ただし、放熱板のみの冷却では高スペックのビデオチップの発熱に対応できず、ある程度低いスペックのチップまでに限られる。また、放熱板が通常より巨大になるので、ケース内で物理的に設置できない場合もある。さらに、ケース内の空気の通り道(エアフロー)によって冷却効果が大きく変わるので、ケース内の空気の流れがしっかり確保出来ていないと、熱溜りの原因となってマシン自体が不安定になってしまう事もある。 

 というわけで、可能な限りファンレスカードを目指しつつ、低騒音なファンを搭載したカードがあればそれも候補に入れる方向で検討しよう。安定・低騒音が最低条件だ。 

2、ケースファン
 夏場でも安定して動かすには、ケース内でしっかりした空調が必要だ。その為にはケースファンで、ある程度の風量を確保する必要がある。だが、現在の8cmと6cmのファンでは口径不足で風量確保は無理と判断。ファンの口径を大きくして風量を確保し、その分回転数を低くして騒音を低減する事にした。これなら静か且つ、ケース内の温度を低くする事が出来る。

 その為にはPCケースから交換する必要がある。今までのケースが要らなくなるので廃棄物処理をしないといけない。何個もpcケースを置くスペースなんて無いし・・・orz。うちの市のごみ処理だと、家電リサイクル法の性でパソコンケースもっていってくれないんだよなあ。ケースの処分を何か考えねば。いざとなったら不ほ・・ゲフンゲフン。法律違反ハイケマセンナ。

 総合すると、ビデオカードの交換&PCケースの交換が一番良さそうだ。値段によってはメーカー製の新しいPCを買ってもいいだろう。

・パーツ検討
 早速ビデオカードの物色を開始。目標は、AGPで6600GT以上でかさばってもいいからファンレスor極静穏ファン搭載のビデオカード。

 探してみると、AGPのビデオカードはすでにレガシー扱いになっていることに気づいた。性能的にはまだまだ全然問題ないのに、新型チップを搭載したAGP版はほとんど無い。みんなPCI Express x16ポート版になってしまっている・・・。これではマザーボード・CPU・メモリと、ほとんど全交換になってしまうなあ・・・・。

 AGPをあきらめてPCI Expressのカードで調べてみると、最新のチップを使ったファンレスってのもそれなりにある様子。ただ単にでかめのヒートシンクをくっつけてるだけ物も多い。たとえばこんなのとか。
http://www.kakaku.com/akiba/hayamimi/06/03/hayamimi20060324_asus76gs_silent.htm

 前に一度似たような安物ファンレスカードを買った事があるが、めちゃくちゃ熱くなってケース内全体が熱くなり、ちゃんと放熱が出来ずにまともに動かないことがあった。同じ轍を踏む訳にはいかん。ファンレスでもちゃんと放熱出来そうなものを探さねば・・・。

 と、なかなかよさげなのを見つけた。
ギガバイト GV-NX76T256D-RH 「GeForce 7600 GT搭載」
http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2006/04/19/661818-000.html

 おお!7600GTを乗せていながらファンレス動作!みるからにごついヒートシンクとヒートパイプを使用し、ケース外にまで放熱板を出している。実質3スロットを占有するが、これぐらい放熱機構があればちゃんと動いてくれそうだ。

 うむむ・・・。これいいなあ。お値段は\28000位の様子。ビデオカード予算としては高めだが、何とかカバー範囲内だし。ただ、これにするとPCI Expressの為にマザーから変えないといけないなあ・・・。うーむ・・・かなり金額が大きくなるなあ。

 マザーから変えるとなると、新しいマシンを買うという前提で考え直す方がいい。ちょっと大事になるがせっかくのGWだし、普段出来ないことをしてみよう。

 まず、メーカー製PCで丁度良いものは無いか探してみた。最安BTOモデルに、あとから自分でいろいろ詰め込む方法もある事だし。

 静穏や冷却に関しては自作パーツよりもメーカー品の方が優れているものが多い。メーカー品はマシン全体で空調を設計するので、パーツ単位で寄せ集める自作より優れているのは当然だ。最近はBTOのメーカー直販なら、OS込みの値段で自作とほとんど変わらないレベルのコストパフォーマンスを得られる物もあるし。

 んで、いろいろ探した結果、メーカー品にはピンとくるものが無かった。NECの水冷マシンはかなりよさそうだったのだが、ビデオカードの設置箇所が特殊で、ファンレスカードはヒートシンクが干渉して物理的に設置出来ない様子。メーカーオプションのビデオカードもバカ高い6600GTファン付きしかなかったし。水冷って所も期待したのだが、水冷箇所はCPU部分のみだったので結局却下。

 ネットをフラフラ彷徨いながら探していると、TSUKUMOのショップブランドPCの紹介を見つけた。 
 http://www.tsukumo.co.jp/bto/aero_stream_2.html

 ふむふむ・・・。このケースは前後に12cmファンが付いていてなかなかよさそうだ。値段もOS付きでなかなかお得っぽい。一から安いパーツを組み立てるよりは多少高いかもしれないが、組み立てる手間がかからない。TSUKUMOはサポートがいいんで前からひいきにしてるショップでもあるし。

 実際に現物を見て、音の静かさを確かめてみよう。ついでにビデオカードも入るかどうか、ショップで確かめてもらえるし。早速秋葉原へゴー!

 ひさびさの休日の秋葉に到着。おー、なんか冥土カフェのビラ配りしてるお姉さんが何人かおるなあ。ああいうかっこはなんというか・・こう・・いっちゃなんだがモンゴロイド系の顔立ちには似合わn(シパーン!)

 とやってきましたTSUKUMOex店。実際にマシンを見てみると、かなーり静か。店内の音があるのであまり参考にはならないが、ベンチマークを走らせているマシンに耳を近づけてもほとんど聞こえないぐらいのファンの音。うぬぬ、さすが12cmファン。正直驚いた。空冷でここまで静かなら、水冷とかこだわらなくても十分だな。

 ショップブランドのモデルは、ミドルタワーの物とミニタワーの物があった。本当はミニタワーのモデルにファンレスビデオカードを付けたかったのだが、内部の物理干渉で残念ながら接続不可。仕方なくミドルタワーモデルにする事にした。

 CPUはIntelとAMDの2通りあった。スペック的にはAMDの64x2の方がいいのだが、私の求めるのは安定。AMDはたまに細かい相性問題やら拡張カード類のドライバ関係で不具合があるからなあ。ここは安定志向でIntelのPentiumDに。

 ほかにもいろいろ自分の好きなようにカスタマイズして注文しようと思ったら、なんとBTOの生産はGWが終わってから開始されるとの事!一週間以上開いてしまう!!

 ぐぬぬぬ・・・。せっかくここまで高まった物欲を一週間も待たねばならんのか!しかも休み明けまで!フンガー!!だめだ、待てないー!

 仕方なくすでに作られている完成済みの即納モデルを買うことにした。これに自分でいろいろ追加のパーツを組み込む形なら、翌日着で家に来る。TVキャプチャボードもダブル録画対応にして、メモリも倍増させて、HDDも日立の250GB-SATA×2にして・・・といろいろいじった結果こうなった。

本体 :eX.computer Aero Stream B30J-6240D 
CPU :Intel PentiumD930
メモリ :追加 1GB×2 計3GB
VGA :追加 GIGABYTE GF7600GTファンレス
TV :追加 IODATA GV-MVP/GX2W
HDD :追加 日立GS 250GB-SATA×2

 現在これにHDDリムーバブルを2つ付けて使用している。
何のかんので19万位かかってしまったが、非常に快適なPCが手に入った。自宅で使用していてもほとんど音が聞こえない。これだ・・・この静かさが欲しかったんだぁ!ファンレスビデオカードも特に問題なく動いている。いやー買って良かったなあ。
もう数年はこのマシンを変えるつもりはない。

 あとは、いらない前のフルタワーケースをどうするかだが・・・orz

 追記。こないだの14回大海戦もこの新マシンで出撃したが、非常に快適に動いてくれた。ラグほとんど無し。さすがGF7600GT。ラグの原因は、回線よりもグラフィックの処理の方が大きいのかもしれない。

コメント

うーん、分別かあ。やってみる thxALB

(千○県のゴミ処分場にて・・・

PCケース 中身完全に空なら 金属・プラに分別し処分okでした。
マザーなど基盤類は、萌えないゴミで受け取ってくれました。
ケーブルは何故か金属ゴミへ
電源も分解・不燃とか金属ゴミへ
HDDは処分困ったが、使うんで捨てなかった。

丸ごとだと引き取りしてくれませんが、
分解してクリーンセンター等に持ち込むと意外に処分に応じてくれました。これなら無料^^
自作pcってリサイクル面倒だよね。

環境に良くなですが、不法投棄よりはいいかな^^;;
  • [2006/05/24 13:04]
  • URL |
  • アルバ・トロス
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/175-4c3addbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。