スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレーはお払い箱? 

 今日はパッチがあたったばかりのガレーの航行速度について検証した。

 2006/4/12のパッチで、ある変更があった。
●船の速度を全般的にUP
  ※船の速度は様々な要因により決定されるため、体感レベルでの速度向上は状況により大きく異なります
●波の高い海域では、ガレー船の速度をDOWN  ※戦闘中は速度DOWNの対象となりません
(公式抜粋より)

 つまり、地中海等の波の低いところなら変更無いが、外洋の波が高い海域ではガレーの速度が落ちてしまうという事だ。ガレーを使った長距離移動は終わってしまうのか!?

 漕船スキルを上げるのは非常にマゾイので、今まで漕船スキルを鍛えてきた人からすれば非常に気になる問題だろう。私も商用ガレアスを愛用していたので人事ではない。現在漕船R6+3で愛用している。漕船スキルはずっと非優遇で上げてきたので、かなり長期間地道に育ててきた。

 まあ普通に考えて、ガレー船が大型帆船以上の速度で、大波の外洋をかっ飛んで行く今までの状況が変だったと言えなくも無い。漕船高ランクのPKガレーに外洋で補足される被害に耐えかねた人たちの要望が通ったのだろう。どの意見を取捨選択するかは運営会社の経営方針なのでどうしようもないが・・・。

 私個人はPKガレーが少しでも減る要因になるのなら、多少の不便さは仕方ないかと思っている。それなりの工夫をして対応するまでだ。まったく使えないレベルならば、いっそ漕船スキルを切ってしまうことも考えよう。

 というわけで、実際にどの程度速度が落ちてしまっているのか検証することにした。わかりやすい例として、セビリア~ケープ~カリカットの航路の速度と日数を記録して、どのくらい変わったのか比較してみる。

 まずは出港準備。使う船とスキルはこんなの。


船種  :シーダー製ガレアス+17%。
補助帆 :メインフルリグドセイル×3+大スパンカー×2。
     帆の形は縦帆が最大になる逆風仕様。
スペック:縦帆294、横帆168、漕力100、旋回3
     船員108人、砲32門、倉庫850
船首像 :ポセイドン像(疲労軽減2、船員掌握4、災害守護8)
スキル :漕船R6+3、操舵R8


 先のパッチで補助帆に上方修正が入った。生産するときに大成功でしか作ることが出来ないメイン系の帆の性能が大幅に上がっている。ちょうど紡績商で自作することが出来たので、自作のメインフルリグドを3つ付けていく事にした。

 ちなみにメイン帆の性能は、縦21横24旋回-1。旋回の減少が少ないので、ガレアスに3つつけてもちゃんと曲がれるのだ。他のメイン系帆も速度があがったり、旋回減少が減ったりしているので、店売りオンリーだった帆市場にもやっと職人の入る余地が生まれたといえるだろう。

 エロ鯖ではメインフルリグドセイルが3.5M~4M位の相場になっているようだ。大成功でしか作れないのと、材料が大量に要るのでまあこんなもんだろう。早々壊れるものでもないので、買える資金があればさくっと購入してしまうのもいいかもしれない。

 んで、往復の結果はこうなった。


・往路:セビリア→ケープ  46日
    ケープ→カリカット 41日
---------------------------------------
    合計        87日


・復路:カリカット→ケープ 41日
    ケープ→セビリア  48日
---------------------------------------
    合計        89日



 往路はカナリアとか穀物とか迂回せずに、内陸側の最短ルートを通ったおかげで多少早い。復路は迂回して行ったのでその分日数がかかっている。今回は行きも帰りも嵐やPKに遭わずに済んだので、ほぼ最速の結果だろう。

 総合結果を見ると、現状でも十分ガレアス長距離移動は可能!という結論となった。船の移動速度全般が高速化された影響もあるだろう。
まあ帆船の方がもっと早いのかもしれないが、ガレーは対PK耐性という点で勝っている。襲われても逃げ切れる可能性が高いのだ。

 それと、航路の選び方も重要になったことを実感した。
インド航路では多くの海域をまたがって航海するが、海域ごとに波と潮流の強さが違っている。波が高い海域ではやはり速度は落ちてしまう。ガレー移動では海域による移動速度の変化を考えて航路をとる必要が出てきた。
今回はなるべく波の低い海域を考えて航路を設定したので、この結果が出せた。

 基本的に、陸地に面している海域は波が低く、海だけの海域は波が高い。
 今回の航路では、陸と面していない南大西洋とか中部インド洋が波20以上になっており、かなり速度が落ちた。なるべくこの海域は少なくなるような航路を取ればガレーでも十分早く移動できる。この2海域以外は波6~16位で、十分実用的な速度は出せていたと思う。

 海域ごとの経度、緯度がわかりにくい場合は、交易MAPというフリーソフトをお勧めする。このソフトは、測量している間は自分の現在地が表示される地図を表示してくれるので、どの海域を通っていくのか非常にわかりやすい。特にガレーは漕船・運用で枠を使ってしまうので、測量代わりにも使えるこのソフトは大変ありがたいのだ。



 あとは防波を覚えた副官を用意できれば完璧だ。
うちの場合、イゴールが航海長で防波、カーラが船医で説得のコンボを用意して、いつか物資0航海再び、という野望を夢見ている。


 というわけで、私は今後も漕ぎ漕ぎしながら移動することに決定!
櫂を握る全ての航海者よ。ガレーはやられはせん、やられはせんぞぉ!

コメント

無理に遠距離航海しなくても楽しめるよ
遠くは時間のあるときにいけばいいしね

近場だって楽しいこといっぱいあるわ

復帰3ヶ月だけど、インドには2回しか行ってませんwww
  • [2006/04/24 13:51]
  • URL |
  • アルバ・トロス
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

今度のパッチで多少は船が早くなったよ。無料体験して見る?<BROG

皆さん航海 楽しそうね(><)
安近短なら良いのにナ ・・・
時間かかり過ぎなんだもの

ちょwww
それwwwちがwww

そうか!ついにガレアスまで上げる決心がついたか!<YOPw

商大ガレでも対してケープ~カリカットの結果はかわらんなぁ。
ケープ~欧州はそれなりに違うかもしれないが。

で、検証してくれたデータに基づき、
俺も漕ぎ継続決定w

昨日のお届けのやつねw

いいやん。
商ガレオンで横帆全開でいったら50日以上かかりましたよorz
  • [2006/04/21 09:22]
  • URL |
  • アルバ・トロス
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/161-150d99de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。