スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1周年記念アップデート直前! 

 今日は水曜に迫ったアップデートについて書いてみる。

 詳しくは公式参照のこと。
後は長いのでつづきへ


・新港について
 まずは追加される街。入れる港が9つ、補給港が11。
ちと補給港が多いが、擬似ブーメランには使えるので場所によっては大事だ。
ぱっと見イスパが必要そうな港はないなあ。
イングは聖域北海制圧だけは確定だろうし。
後は出る交易品によって投資計画も決まるのだろう。

 街の間が長すぎて擬似ブメが出来なかったアフリカなんかは、
補給港のおかげで結構使えるようになりそうだ。ちょっと期待。


・フローニンゲン
 ネーデルラントの領地と思われる。場所はハンブルグの西ではないだろうか。
ネーデル人以外はハンブルグとのブーメランで有効かもしれない。
領地の為投資戦は発生しないと思われる。

・ダンツィヒ
 場所はリューベックの東か?バルト海(危険海域)に入るか、安全海域になるか
微妙なところ。造船が盛んとのことなので、発展があがれば新型船が出るかも。
イングランドが聖域制覇の為、開港当日投資祭りを実施予定。

・ベンガジ
 場所はトリポリ東。おそらく安全海域内。
北アフリカのイスラム圏の街と思われる。
安全海域で交易できる地中海交易路の一角として期待される。
フランスとヴェネチアが、開港当日に投資祭りを企画中。
真っ向からの投資合戦だ。見ものだな。

・オデッサ
 場所は黒海。同盟港かオスマン領地か微妙なところ。
黒海があまりに使いづらい為、投資の手が及ぶのはかなり後と思われる。。
ガンダムファンならご存知のあの場所だ。
郊外を探索すると壷が出るとかでないとか。

・ベンゲラ
 場所はルアンダの南と思われる。おそらく擬似ブーメランに使えるぐらいは
近郊のはず。宝石港ルアンダ復権への希望の港。
ルアンダーベンゲラ間の擬似ブメが可能になれば、宝石3種を産するルアンダの
価値も飛躍的に高まるだろう。
 イングランドとポルトガルによる南アフリカ大投資合戦の火種になるか?。

・ナタール
 場所はケープ東。数日分は離れているはずなので、ケープとの擬似ブメには
不向きか。場所的にダイヤが出る可能性はある。
ベンゲラとあわせて、ダイヤ5兄弟になるかもしれない。

・キルワ
 ザンジバル南か?

・ソコトラ
 アデン東の島。アデンーマスカット間が長かったので、補給にはよさそうだ。

・ジェッダ
 紅海の入り口。マッサワ近郊と思われる。



・副官について
 このアップでもっとも注目される内容だ。
酒場にいる人材をスカウトして副官にする様子。
名前などは決められないみたいだなあ。
・・・某赤毛の軍人さんの副官はどうなるんだろう・・・w

 船長の持ってない分野の人材を雇って穴を埋めるか、船長と同系統の分野の
人材を雇って専門分野を伸ばすか。いろいろ試してみるのが楽しみだ。

 商人としては主計長に期待だ!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/137-96c41a84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。