スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスマン帝国大侵攻! 

 今日はオスマン帝国の大艦隊と戦った時の話。

 2006/01/20(金)20:00頃・・・
この日もカリカットで艦隊を組んで海事修行をしていた。
適当にNPCを狩りながらクエの地点に向かっていると・・・
突如、見慣れぬメッセージが走った!

 「?!!??!?1!」
060120-01.jpg

西欧諸国の航海者に告ぐ!緊急事態である!
チュニス方面からパルマ方面へオスマン帝国海軍が侵攻中との情報有り!
これは西欧世界に対する挑戦である!
航海者たちよ!ただちに現場へ向かえ!オスマン侵攻を食い止めるのだ!


 「・・・・面舵一杯、急速回頭!」
060120-02.jpg

こちら教皇庁情報官。最新情報を伝えます。
最新の情報によりますと、30分後に先遣隊がチュニス・パルマルートに
侵攻してくる模様!
主力は重ガレー級を中心とした艦隊編成との情報あり。


 「カリカットへ最大戦速!急げ野郎共!!」
060120-03.jpg

迎撃に参加すれば、しばらくはオスマントルコの敵対心を買うことに
なるでしょう。
それでも身を挺して戦う覚悟がある各国の猛者は、現場へ急行されたし!


 ここまで言われちゃあ、行かねばなるまい!いざ、地中海!



 というわけで、開始30分前にいきなり告知されたオスマン帝国侵攻を迎撃すべく、
大至急で欧州へ帰還する事に!

 まずはカリカットに戻り、修行艦隊から抜けさせてもらった。
1つもクエ出来ずに申し訳ない。暖かく送っていただいてありがとう!

 クリッパー最速仕様に乗り換え、カテ4を使いコショウと宝石を速攻で積む。
正直イベントに間にあうかわからんが、アナウンスでは先遣隊と言っている。
もしかしたら本隊が後から来て、イベントが長引くかも知れん!
そのわずかな希望を胸に戦う意志のあるひとを集め、欧州帰還艦隊を作った。
そしてノンストップでセビリアに向けて出航!



こちら教皇庁情報官。最新情報を伝えます。
最新の情報によりますと、10分後に先遣隊がチュニス・パルマルートに
侵攻してくる模様!
主力は重ガレー級を中心とした艦隊編成との情報あり。
迎撃に参加すれば、しばらくはオスマントルコの敵対心を買うことに
なるでしょう。
それでも身を挺して戦う覚悟がある各国の猛者は、現場へ急行されたし!


 帰還の途中時々アナウンスが入る。くうううぅ、告知してくれていれば!
たまたま欧州にいたフレは艦隊を組んで待ち構えているようだ。
は、早く帰りたい!!



 2006/01/20 20:30・・・
 無能な教皇庁情報部が、ぎりぎりになるまで察知出来なかった艦隊がついに!

オスマン帝国海軍の先遣隊が到着した模様!
サルデーニャ島西沖に侵攻中との情報有り!


 うおおお、ついに始まってしまった!
IRCやフレからの情報では、先遣隊は重ガレーのみの艦隊で、わさわさわいて
来るらしい。きー!早く帰りたいぞーー!

 といってもこっちはまだインド洋。最速のクリッパーやガレアスでも
まだまだ掛かる。じりじりと船が進むのを待つしかないわが身がもどかしい。



  2006/01/20 21:00・・・
 こちらはまだ喜望峰、ケープ前。それでもかなり早い方だが・・・
チャットで聞こえてくる情報では、この戦いに参加し勝利数を稼ぐと
爵位がもらえるらしい。大海戦の戦功みたいなものか。
まさに戦で名を上げるチャンス!
そしてやはり・・・

オスマン帝国海軍の主力艦隊が到着した模様!
サルデーニャ島西沖に侵攻中との情報有り!


 「くそっ、早すぎる!これが電撃戦か?!」(時代が違)
060120-04.jpg


 先遣隊が来てわずか30分後、ついにオスマン帝国主力艦隊が襲来した!
って、はやっ!!もっとじらしてくれよおおおお!
これで帰るまでの時間はまだあることがわかった。でもいつまでかはわからない。
もはや全力で進むのみ!頼む、間にあってくれ!!

 普段ならPK銀座の西アフリカも全く安全だった。
艦隊のメンバーの一人はリスボン沖で艦隊を離脱。そのまま戦場へ向うそうだ。
あと1つ爵位が上がれば騎士爵になれるという。がんばれ!と送りだす。
彼は艦隊の後ろを航行していた、ソロのガレアスと艦隊を組んで行った・・・w

 カリカットを出航し、77日目にしてセビリア到着!
終始ひっぱってくれた最速のヴェネの君、ありがとうございました!

 すぐに積荷を商館に放り込み、戦闘用の船に乗り換え出航!
とにかく急がねば!いつ終わるかわからん!



 艦隊を組むまもなくとりあえず戦場となっているパルマの東海域へ向う。
ちなみにパルマは、あのかっこいいファルネーゼ公の領地だとか。
それにもまして、イスパ領地交易の最重要港!なんとしても守らねば!

 パルマを通り過ぎ、ティレニア海に入った途端・・・そこは地獄だった!

 「なんじゃこらああああああ!」
060120-05.jpg

060120-06.jpg


 見渡す限りオスマンのガレー艦隊。
地中海方面制圧艦隊なんてふざけた名前を名乗りおって!
ガレアスを旗艦に重ガレー3の艦隊のみのようだ。さすが主力艦隊といった所か。

 と、周りを見回していたらいきなり強襲された!
こちらは大型商用ガレオン1隻。むこうも獲物とおもったのだろうが・・・

 「甘いわっ!」
060120-07.jpg


地中海方面制圧隊A>むぅ…これほどの手練がおったとは!

 返り討ち!この地中海でずーッとソロで機雷を鍛えてきた私の敵では無い!
もっと強いアンドレア・ドーリアや、ウルグ・アリ、ウズン・カイフと言った
強敵(ともと読む)達と戦ってきた経験を持ってすれば、機雷R10に落ちた今
でも十分勝てる。って、制圧艦隊がなんかしゃべってるぞ!w



と、1戦終わった直後に・・

西欧諸国の航海者に告ぐ!大儀であった!
オスマントルコは侵攻を断念した模様
西欧諸国はこの度の諸君らの活躍を永遠に讃えるであろう!


 えええええええぇぇぇぇ!
あきらめるのはやすぎ!もっとがんばれオスマン!ねばれオスマン!
せっかくインドから戻ってきたのに1戦しかしてないYO!!!

 と、一航海者の都合など関係なくオスマン帝国は退却してしまったorz。
が、一度出現した艦隊はまだ残っていたので、今度はこっちから仕掛ける!

 「残党狩りじゃあああぁ!」
060120-08.jpg


 というわけで、残党狩りもさっくり終了。
むう・・結局2戦しかできんかった・・・。
まあ、かなり燃えたからインドから戻った甲斐はあったということでw。
ひたすら海事修行だけなんて、単に苦行だしなあ。

 ちなみに今回の敵を収奪で倒すと、海軍出動要請書とトルコ絨毯が100%でた
らしい。海軍要請書は希少だからたくさん手に入れた人は運が良かったなあ。



迎撃殊勲者は各国王宮に待機している役人より褒賞が与えられます。
迎撃殊勲者は最寄の王宮にて褒賞を受け取ってください。
なお受け取り時間は本日24時までです。


 爵位もらえるほど戦えなかったが、なんかくれるらしいのでセビリア王宮へ
ご褒美をもらいに行ってみた。すると、謁見の魔に普段見かけぬ役人が。
話しかけてみると・・・
役人:オスマン迎撃ご苦労様でした!

 「チャリーン」
060120-09.jpg


 コイン1枚ですかそうですか・・・。
どうも参加賞みたいなもんで、1勝でもすればだれでもハンザコインを1枚
くれるらしい。
あまりのしょぼさに、周りの人も泣いているぞ!

 「・・・・・・」
060120-10.jpg


 これだけ・・・・?という思念をこめた目で役人を見つめてみたが、
鉄面皮の役人には通じない・・・orz。

 確かにハンザコインは一時的に会計+5に出来るかなりいいアイテムだが
消耗品のため1枚だけ持っていても枠の無駄。
1枚じゃなあ・・・と思ったが、みんなもそう思っているはず。

 さっそくセビリアの銀行前でハンザコイン買取露天を始めた。
その結果、1枚5万で買取をお願いし32枚も集めることが出来た。
これだけあれば、高額商品をふっ掛売りするときに随分ブメを省略できるだろう。

 転んでも ただでは起きぬ 商人道 (字余り)

 とまあ、なんとか落ちがついたオスマン侵攻でした。
つぎは告知してやって欲しいものだ。
ログイン号やワイン祭りより、よっぽどおもろいっちゅうねん・・w

コメント

>YOP
復帰おめーw
またまったりすすめましょうや
手助けはするからいつでもいってくれ

>cat
即修正しましたw

久々に覗きにきました。
2006年11月20日(金)・・・・未来日記でつねw

やべぇ
復帰するにしても何言ってるか解らん所がある orz

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guis.blog14.fc2.com/tb.php/115-39173fd4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。