スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回大海戦まとめ 

 今日は遅ればせながら2日目、3日目まとめて。

 1日目は負けてしまったイングランド・ヴェネチア連合軍。
土曜・日曜で巻き返すぜー!と士気は高かったのだが、残念ながら逆転する
ことは出来なかった・・・orz

 私は土日ともに中型・大型連戦の艦隊に飛び入りで入れてもらった。
戦場はアテネ~カンディア間となり、島もあるため多数の船が密集。
スキル枠が開かない・舵が効かない等、場所と時間であちこちでラグ地獄発生。
入り組んだこの地形では仕方が無いが、もうちょっとシステム的になんとか
ならんのじゃろうか。

 他の鯖は弱いやつは来るなっ、って感じで参加者や戦闘機会が激減し、
ラグが発生することはほとんど無いらしい。
ラグが無いのはいいが、そういう雰囲気では祭りとして楽しそうでは
ないなあ。ラグっても人がいっぱいいるエロ鯖事情に感謝すべきだろうかw



 さて、2日目の戦績はこうなった。かなり強い艦隊に入れてもらて戦功を稼がせて頂いた。
060326-01.jpg

やっぱ戦いなれた提督がいると違う。私も提督用に少しスキル調整しよう。
そしてクエストを報告するときに、戦闘功績により爵位ゲット!
海戦で爵位がもらえると噂では聞いていたが、まさか自分がもらえるとは!
海戦が終わったらロンドンにもらいに行こう。



 そして最終日。結果はこうなった。この日も勝ち越せた!
060326-02.jpg

 艦隊連携を取ろうとしたのだが、やはり付け焼刃ではあまりうまくいかなかった。
ペア艦隊とか関係なく普通に戦ってこの結果、という感じ。

 残念ながら3日目でも差は縮められず、イングランドの敗北となってしまった。
060326-06.jpg

んが、海戦終了後即座に脳筋投資祭りが自然発生し、合計4Gもの大金がアテネに
投下されたw。このノリというか熱気というか、さすがイングランド・・・。
こいつらは敵に回しちゃいけねえということをひしひしと感じたw。

 結局開戦前を上回るイング69%ポル24%位で安定した様子。
最近イングランドが大規模に集まる投資戦ってあまりなかったから、
みんな資金に余裕があったのかもしれない。


 海戦終了後、アテネで記念撮影。
人数が多すぎて表示数100人にしても映らない人たちがいっぱい・・・。
何この数は・・・w
060326-03.jpg




 今回は初めてイスパニア以外で海戦に参加したが、イングランドの軍人層の
厚さというものを感じる戦いだった。また物資の支援をしてくれる補給隊
が組織化されており、非常に戦いやすかった。

 街中や海上で転用物資が潤沢に供給されており、船員が減らなければ港に
入る必要すらないぐらいのすばらしい補給体勢がひかれている。
これは正直うらやましい。一度やってみるとわかるが、明らかに海の上での
戦闘機会が増える。

 それに味方総数が多いおかげで援軍も比較的多く入ってくるのも大きい。
イスパの場合最初からペア艦隊をくんでぴったり密着しててもなかなか援軍
に入れないのに・・・。10対10になることが多かった。

 いつもの台詞だけど、やっぱ戦争は数だよ兄貴・・・



 おっと、あと海戦中に2人目の副官イゴール42人目の主計がついに開いた。
主計53。がんばればなんとか80に手が届く範囲だ。
ただ、写真にはないがこの後船医が30だったことが判明し、再び首にするか
かなり迷っている・・・
・先任副官 カーラ
060326-04.jpg

・リストラの淵 イゴール42号
060326-05.jpg

スポンサーサイト

第12回大海戦1日目 

 今日は第12回大海戦の1日目

 今回はポルトガルの攻撃。目標港はイングランド同盟港アテネ。
イングランド&ヴェネチア vs ポルトガル&フランス&ネーデル
よってイスパニアはお休みなのだが、亡命留学中の私はイングランド軍として
参戦した。亡命先に少しは恩を返さねば。

 出場種目は中型・大型クラス。
船は、オーク製強襲重キャラベル±0%(中型)と鉄製戦列艦-16%(大型)。
本当はかっこいいフリゲートで出たかったが、白兵耐性を考えて重キャラベル
になってしまった。フリゲートと比べて70人も多く乗せられるのは、白兵
音痴の私にはありがたい。フリゲートでは突撃2回で拿捕られてしまう。

 さて、当日。アテネで中・大に出る艦隊に入れてもらい出陣準備完了!
いつもは町役人からクエを受けるのだが、今回はリラダン騎士団長から指令
を受けた。一宿一飯の恩に報いるため、がんばらせていただきます!
060325-01.jpg


 20:00~小型船、21:00~中型船、22:00~大型船の時間割。
この日は序盤からイングランド勢はおされ気味。
毎回金曜日にあたる初日は、負けるのがイングランド軍の伝統らしいw
社会人は金曜の夜じゃなかなかでにくいからなあ。

 今回艦隊を組んでもらった仲間は、結構白兵が強い人が多く、敵フリゲート
をガツガツ食っていた。見た目で船決めなくてよかったー。

 艦隊の戦績は、10勝7敗。今回は勝ち越すことができた!
艦隊のみんな GJ!
060325-02.jpg


 総合の戦績はこうなった。あと2日間で挽回できるようにがんばろう!!
060325-03.jpg


 一日目の艦隊メンバー。おつかれさま&ありがとうございました!
060325-04.jpg

忙しス 

 今日も忙しくて日記が書けない。

 年度末の性もあり、仕事がちと忙しい。
しばらく更新できそうも無いです・・・orz

 もちろん家では元気にプレイしてるけどw
ちなみに現在、イゴール43人目育成中です・・・

 大会戦にはイングランド勢として参戦予定。
アテネ防衛に貢献して、少しは義理を果たさねば。

妥協 

 今日はノックに疲れきって妥協してしまった。

 イゴールの1000本ノックを始めて3日目・・・。
延々やっていてもなかなかノックにいい結果が出ない。
ぬうう・・・やはり軍人に生産ノックさせるのが間違いなのか?

 途中FBRのババガレをつくった。修行用なのでビーチ性倉庫9%増。
船員112人、砲28門に改造済み。
初期のガレーは飯が大変だから倉庫が多い方が役に立つだろう。

 その後もノックを続けてもいいのが出ない。
ログを調べたらすでに21人もイゴールを解雇していることが判明。
やばい・・・あまりいい数値にこだわっているときりがない・・・。

 仕方なく24人目のイゴールで妥協することにした。

123 125 120 123 129 118 112 123 123 120
平均値121.6 中央値123 最小値112 最大値129

 ・・・しょぼいよね・・・平均124とかありえないよね・・・
でも、数多くのイゴールの中ではましな方なのよ!!
これが今の私の限界じゃあああ!
ああっ、まえに切った平均122のイゴール育てておけば良かった!
あの時はまだ高望みしてたから切っちゃったけど、わしが悪かったぁ!!
帰ってきてくれー!・・・orz

 

ノック2日目 

 今日も引き続きノックノックのっくのっく・・・・

平均低すぎ・・・
最高で122だし・・・
124とかむりぽ・・・

解雇も十数人超えたな・・・
一人10万かかるからもう百数十万つかってるのか・・・
地味に痛い・・・
オリーブ油800樽売っても他国だから利益10万ぐらいだし・・・

材料買う為のカテ1足りなくて造船ロットで補給してるし・・・
ラグーサって地中海なのにロット9出るんだよね・・・
何でイタリアでハンザコインが出るのかと・・・
まあいいんだけど・・・

ひたすら連打だからチャットも出来んし・・・
半放置だな・・・

そういえば大会戦が発表されてたな・・・
いまは気にする余裕無いや・・・

わしゃもう疲れた・・・
でもいまがんばっていいやつ引いとかないと主計80なんて夢のまた夢・・・
がんばるべぇ・・・

1000本ノック 

 今日は1000本ノックを試してみた。

 期待の新人として雇ったイゴールが、主計特性しょぼいことが判明。
すぐさま解雇し二人目の選考作業に入った。

 通常は商人LV10になるまで副官の特性値は見えない。
しかし副官のレベルアップに必要な経験値は膨大で、LV10育てるまでに
35000位の交易経験値が必要だ。インド宝石2往復か3往復ぐらいか。
それだけ苦労してやっと開いた特性値が、低くて使い物にならないのはきつい。

 なんとかレベルを上げる前に、隠された特性値を予想できないか?
ということで考え出された方法が、1000本ノックという試験だ。

 方法は簡単。雇ったばかりで特性値が隠された副官を主計長に任命し、
生産を行って大成功が増えた数で主計特性を予想するのだ。
主計特性が高ければ、大成功の数も多いはず、という理由。

 副官掲示板に上げられた情報によると、高主計の条件はこんな感じ。
・主計長無しの場合の大成功基本値は20%
・1000回生産を行い、平均25%の大成功を出す。
・100回×10セットの中央値が25%以上
ということで、早速試してみた。

 イゴールはヴェネチアで雇えるので、なるべく近くで生産の材料が欲しい。
生産に使う物は数が数えやすいので、成功で1個大成功で2個出来る物がいい。
ヴェネチア近くの生産だと、ラグーサ・アテネ・ベンガジのオリーブ→オリーブ油、
ベンガジの羊毛→ニットあたりが良さそうだ。
羊毛はカテ3がもったいないので、オリーブ油で行くことにした。

 私は食品取引7で、ラグーサで80個、アテネで150個オリーブが買える。
ついでにラグーサで造船してロットNO.09でカテを稼ぎながら試験開始。

 イゴールは軍人なので、主計が高いやつは少なそうだ。
300回位やってみて、20%以下が出たらさくさく解雇。
120を超える平均が出て初めて500回以上を試すような感じでやっている。
今のところ最高の平均22%。まだまだこんな物では満足できん。
せめて平均24位出すやつが出るまでは、ひたすらオリーブ絞りが続く。

 この日1日がんばっても24%を出すやつ現れず。すでに8人目ぐらいか。
めげずに明日もがんばろう・・・orz

採用試験 

 今日は二人目の副官を雇う事にした。

 極一部の抵抗勢力を排除(反乱鎮圧)しつつ何とか持ち帰った宝石800個。
売る前に2人目を雇って、経験値を稼がせようと計画した。

 問題は誰を雇うか。
わが船としては、鋳造・工芸・縫製の3つをアップできる人材が望ましい。
先任副官の宝石商カーラさんは、そのうち工芸と宝石取引を覚えてくれる様だ。
本当は縫製も期待してたのだがこちらは無い様子。

 となると、鋳造と縫製をアップしてくれる人材が欲しいところだが、
この両方をアップしてくれる副官はいないようだ。残念・・・orz

 縫製と鋳造なら鋳造で決定だろう。鋳造+1してもらえれば、非優遇でも
ペリエ14とか名工修理道具等を作ることが出来る。縫製はあんまり実用性
のある物がない。
 というわけで、二人目の副官求人票には「技能:鋳造必須」が加わった。

 この条件で書類選考を進めていくと、この5人に絞られる。
ヴィクトルはまだ鋳造持ちと決まってはいないので予想だが。
 鉱物商 ピエトロ
 武器商 ヴァレリー
 両替商 ユルバン
 船大工 イゴール
 戦術家 ヴィクトル(未確定)

 見事に男のみ・・・orz。
せっかくもう一人も女性キャラにして船上の華にしたかったのに・・・。
・・・まあしょうがない。今いる者から選ぶとしよう。
みんな鋳造持ちとなれば、それ以外のスキルはどうだろう。

ピエトロは特に無し。良くも悪くもシンプルだな。

ヴァレリーは造船を覚えるかどうか微妙。軍人LV43必要なスキルがあるので
これが造船かもしれないが、必要レベル遠すぎて実用にならん。

ユルバンは鋳造+工芸+鋳造委任+工芸委任などすごく優秀だ。
が、工芸はカーラさんが覚えるからなあ。かぶるのでもったいない。

イゴールは軍人21で造船を覚える。ただし、鋳造に必要な主計特性が80!
軍人で主計をそこまで上げるのはかなり骨が折れそうだ・・・。
逆に言えば、初期特性で主計が高ければかなり使えるという事になる。

ヴィクトルは機雷敷設。機雷はブースト装備が無いのでかなり貴重だ。
機雷マスターの私としてはかなり使えそうではある。
が、現在のところ鋳造を覚えるとは確認できていない。予想だけだ。
それと母国語のスペイン語が私と被るのがもったいない。

 今のところイゴールかヴィクトルか。
造船選べばならロット生産が楽になるし、機雷なら対人で使えるかも。

 うむむむ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

 おし、とりあえずイゴール(船大工)にしよう!
主計80ってかなりきついが、何度か雇いなおせばいけなくも無いはず。
造船ってヤッパリ上げるの大変だし。
もし何度やとっても主計が悪いようなら、ヴィクトルに乗り換えてもいいし。

 方針が決まったので、ヴェネチア酒場でイゴールを雇ってみた。
カーラさんのときは一発で主計85を引き当てたけど、今回はどうだろうか。

 持ってきた宝石800個とバザーの宝石800個。
この大量の宝石を売り払った経験値でイゴールの商人レベルを10にした所・・・
 主計39C ・・・orz。

 将来主計80を目指すなら、せめて50台は欲しい。
残念ながらこのイゴールは解雇!
しばらく解雇と雇用を繰り返すことになりそうだ。

 主計長に任命して、1000回生産したときの大成功の数で
まだ判明していない主計特性値を予想する方法があるので、
今後はそれを試してみよう。

反乱 

 今日は反乱が起こった。
(2006.03.11土のこと)

 セイロンで宝石を満載し、ザンジバルへ向けて出港。
最近はPKも修行で忙しいらしく、ザンジバルが封鎖されている時間も短い。
無事にザンジバルでヴェネチアへの象牙クエを受けることが出来た。
そのままマダガスカル近くで謝肉祭イベントをこなし、順調に進む。

 ただ、航海中に盗みが発生。船員に交易品が盗まれてしまった。
しかも盗人は、仕入れ価格の一番高い交易品を盗むのだ(#゚Д゚)
パッチの影響で、水・食料どちらかが切れると途端にアクシデントが起こる。
食料は釣りでどうとでもなるが、水だけはビール転用か雨しかない。
自然と食料だけの航海になりがちだ。

 私の経験だと、水が切れると疫病・栄養失調・喧嘩・両成敗・壊血病なんか
がよく起こる。まれに反乱が起こったこともあった。

 水食料両方切れた状態はほとんど成った事はないが、転用が間に合わず
両方切れた状態になった瞬間、反乱が起きたこともあった。

 とにかくいつ反乱が起こってもおかしくない状況なので、統率は持っておく
に越したことはない。名君のオーブが統率の使用効果があるので、それを常備
する様にしている。耐久5しかないが、持ち歩いても減らないので保険に持ち
歩くぐらいなら十分使える。

 と、無事に安全海域マディラ沖まで来たところで、気が緩んで水と食料両方
切れた!急いで転用しようとしたところで、反乱発生!
くっ、ちょっと水と食料が切れたぐらいで反乱なんぞ起こしおって・・・。
昔は何も食べなくても、ヤク(盟約の美酒と名医の秘薬)があれば、文句も
言わずに働いていたのに・・・。

 だが、こんなこともあろうかと!
持っててよかった、名君のオーブ!
どっちかというと名君というより暴君の使い方のような気もするが、
この際(゚ε゚)キニシナイ!!反乱を鎮圧せよ!

 というわけで、なんとか17人の反乱者共をサメの餌にして反乱は終結した。
鎮圧しないで放って置くと、船員半減じゃすまないからなあ。
やっぱりもう一個ぐらいオーブ準備しておこうかなw。

 ちなみに名君のオーブは冒険クエストで出てくる。
簡単なやつだったからだれでも出来るだろう。

神相場 

 今日はマスリパタムに神が降臨した!
(2006/03/10金のこと)

 2度目のベルベットツアー。この間に副官のカーラさんは交易20に到達予定。
今回は新しいスキルを覚えて行ってみることにした。
カーラさんがインド諸語を覚えてくれたので、言語枠に余裕が出来たのだ。

 紡績商の優遇スキルに織物取引というのがある。
効果は織物の種類の交易品が多く買える様になること。
高級織物の産地はフランス領地、ヴェネチア領地が多く、他国人は買うことが
出来ない。実用になるのはジェノバ・ピサのベルベットぐらいか。

 せっかく優遇職なのでちょっと織物取引も育ててみようと思った。
やり方は簡単。ベルベット作成のためにカテ3を使って生糸を買う際に、
一緒にインド更紗も買うだけ。マスリでもカルカッタでもインド更紗はある。

 買った更紗は倉庫の邪魔になるので、その場で売ってしまうのがほとんど。
1回3万~6万ぐらい赤字が出るが、ベルベット利益が莫大なので(゚ε゚)キニシナイ!!。
まったりやる気のときは、マスリの隣のポンディジェリまで持っていって売る。
ポンディは織物売ってないので、少ないながらも利益が出るのだ。

 カリカット道具屋では、織物取引+2のサファイア装身具を売っているので
買っておくといい。カテ3を1枚使うごとに繊維+2の水晶装身具と付け替え
ながら繊維取引と織物取引を同時に育てことができる。ランクが上がってくれば
付け替えの手間が面倒になるので、繊維+2だけでもいいかも。



 そんな感じでちまちま売買していると・・・
おや?なんか生糸が急に安くなった気がする。
どうしたんだろうと、もう一度交易所の親父に話しかけてみると・・・

  交易所親父:いま繊維は大暴落だよ・・・。ふぅ・・。

 繊維大暴落キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!
なんと生糸相場が80%!!今マスリパタムに神が舞い降りた!!w
今織らずにいつ織るのだ!!!暴落が切れる前に可能な限り織りまくれ!
相場を利用した儲けこそ、商人の腕の見せ所!!

 そりゃもう黙々と全力で織りまくり、かなりの利益を上げることが出来た。
普段1回の売りで利益4M位なのが、5.5M位になった。すばらしいw

 繊維大暴落は大体1時間弱続き、その後繊維だぶつきが1時間。
合計2時間ほどウマウマさせていただいた。
だぶつきが終わった後も90%台の良相場が続き、この日は生糸天国となった。

 このフィーバーのおかげで、仕立て道具を使い切る前にカーラさんの交易LV
が20に到達。2人目の副官を雇えるようになった。
稼いだ経験は二人に同時に入るので、2人目を雇ってからの方が良さそうだ。
というわけで、副官2号さんを雇う為に一旦欧州に帰ることにした。

 またセイロンで通りすがりの方に宝石支援をして頂き、(ありがとうございます!)
なんとカテ4を8枚使っただけでサファイアとルビー800個積み込み完了。
支援してくださった方は宝石取引10ぐらいあったのかもw

 この日は積み込みだけしてwktkしながらログアウト。
誰を雇おうかな~w

需要と供給 

 今日は市場経済の波にもまれた。

 前回、外洋への交易品は商館で買って行くといい、と書いた。
んが、ここのところ急に名産品の交易品が値上がりし、供給も少なくなっている。
やはりレベルキャップが55→60になったのと、副官を育てる為に経験値を
求める人が多くなった為だろう。

 商館価格だと、マスケットは5.5k~8k、ベルベは6.5k~10k。
最安値の物はほとんど品切れの感もある。
普通に手に入る平均価格で買うと、インドで吹っかけ売りしてもトントン位の
利益しか出ない。まあ、経験値は入るのでいいのだが、途中で失うリスクを
考えるとなかなかつらい物がある。

 やはり自力で仕入れて持っていく比率を上げるしかないようだ。
しかし、現在私はイング人。しかも、亡命時と修行のときのNPC狩りの性で、
いまだにイスパニアの敵態度は【警戒】ランク。

 ううう・・タベラたん、いい加減ゆるしてくれよう・・・orz
パッチ以降、急激に敵対減衰速度が低くなっているようだ。
各国元首が根に持つようになってしまった。

 敵対が高いおかげで、バルセロナでもセビリアでも碌に交易品を売ってもらえ
ない。高いし、数もちょっとしか売ってくれないし。

 ちまちま仕入れるのも面倒なので、あきらめて交易品無しでインドへ出発。
また仕立て道具1400個持参してパタムマンだ。

 ついでにイベントの流浪の道化を探しながら向かうことにした。
西アフリカではカリビブとケープで道化を発見。
全員の秘密の言葉を集めると、なにか記念品をくれるらしい。

 サンジョルジュでヤシ繊維をケープへ届けるクエを受けて、カテ3 5枚ゲッツ。
ケープからは適当なインド行きの冒険クエを受けていくとなかなか効率がいい。
あとは生糸とベルベットの相場がいい事を祈るのみ。

パタムマン 

 今日はベルベット交易について。

 カーラさんの能力が思いもかけず主計85Sという大当たりだったので、
そのまま商人修行の旅に出ることにした。カテ3も持ちきれなくなってきてたし。
2人目の副官を雇うには、一人目を20LVまで育てないといけないのだ。

 船大工→紡績商に転職し、縫製R15、繊維取引R8になった。
カンストしてるスキルは、優遇になればいつでもR15に戻れるのがうれしい。
仕立て道具を1399個積み込んで、インドに出発した。

 ちなみに昔は銀行に999個、手持ちで200個、計1199個までしか
仕立て道具を持っていけなかったが、現在はキャプテンバックに200個追加
出来るので合計1399個まで持っていくことが出来る。

 往路の交易品は、ベルベットとマスケット銃を同量持っていく。
ベルベットはジェノバ商館、マスケットはセビリア商館で大体5k~6k位
で売っているので、それを買って行くと時間の節約になる。
 インドの相場にもよるが、吹っかけて売れば十分利益は出すことが出来るし
名産コンボで経験値もウマウマだ。(売値ベルベ8k、マスケ6.5k位)
ただし、ベルベットは燃えるので火災対策用に燃えるダミーも積んで行く。
仕入れ値が高いので燃えたら大赤字確定だ・・・((((;°Д°))))ガクガクブルブル

 向かい風でも漕船でぐいぐい進める商用ガレアスで、無事にインド到着。
長距離交易でもかなり使える商用ガレアス。倉庫850は伊達じゃないw。
難点は嵐に弱いのと、PKに襲われた時拿捕は避けられるが、装甲が貧弱なので
撃沈されやすいということだ。資材を大目に積んで修理連打を出来るように
しておくといいかも。




 インドでクエと交易品を捌いて準備完了。
ベルベット現地生産交易を開始する。
通称、星人とかパタムマンとかベルベッターとか言われる交易方法だ。

 今はイング人なので、生糸産出港マスリパタムを拠点にする。
カルカッタでもかまわないが、イスパ同盟なので関税分利益が薄い。
ちなみに繊維取引R8で、マスリパタムもカルカッタも同量の80個生糸が
買えた。カテ3発注書を連打すれば、いくらでも短時間に量産可能だ。

 マスリ・カルカッタ・ポンディの生糸購入価格とベルベット売却価格を調べて、
生糸が安くてベルベットが高い港を選んで生産に入る。

 基本的に現地で生産し現地で売却するのが効率がいい。
生産したベルベットを持って、ほかの港に売りにいくのは時間がかかるし、
NPCやPKに襲われるリスクが高いからだ。




 ベルベットは名産品なので、売却時に名産判定分経験値が多くもらえる。
ただ、名産経験値にはキャップがかかっているので、一気に大量に売っても
得られる経験値は制限されてしまう。

 800個まとめ売りして経験3800ぐらい。
100個ばら売りすると経験950位。800個分8回に分けて売ると
経験値7600位。
つまり、まとめ売りよりばら売りの方が経験を多くもらえるのだ。

 ただし、これは吹っかけての値段。8回分吹っかけ成功して売るのは
はっきり言ってつらい。ハンザ同盟印章使っても1回も吹っかけられない事が
何度もあった。

 小分けにして吹っかけて売るのはかなり面倒なので、まとめ売りで進めた。
交易経験はそのうちいやでも貯まるので、利益優先だw

 相場がまあまあの状態だと原価3.5k位のベルベットを生産する事ができる。
売値を8.5kと考えると、差額5k。800個まとめうりで利益は4M程。

 これを繰り返し、仕立て道具1399個を使い切った。
総利益は70M程、獲得経験値は62000程か。

 まあ、カテ3の費用を入れてないし、大量に集める苦労を考えると割りに合う
か微妙なところ。交易経験はやたら貯まることは間違いないがw。




 それと、どうせなら名産コンボをしたくてポンディの羊に目をつけた。
羊2→羊毛1 をつくり、
ししゅう糸1+羊毛6→コブラン織 または、
生糸2+羊毛4+絹織物2→トルコ絨毯 または
羊毛4→フランネル

 いろいろ試してみたのだが、残念ながら買える羊の量が少なくて名産コンボの
出来る50個まで貯められなかった。羊22匹しか買えないしorz
家畜取引が高ランクで、カテ1も併用すればもっとウマウマできるかもしれない。
ちょっと家畜取引欲しくなってしまった・・・

決意 

 今日は日記のまとめ書き。

 日記が書けなかった間にいろんなことがあったので・・・
全部書くのは断念した。ダイジェストとして残しておこう。

アップデートが当てられた後も、しばらくぺちどかーんをつづける。
副官は上級仕官(を金で買った貴族のぼんぼん)ハワードを試しに雇用。
シェランよりカテガット奇襲艦隊のほうが貫通上げにはよかった。
そしてめでたく貫通R10到達。
砲術家にこだわる必要もなくなったので今度は船大工へ。
船大工専門スキル造船+1を利用し高ランクの船を作って造船上げ生活へ。
特性値見る前に副官ハワード解雇。英語通訳としては役に立った。
新たな副官として宝石商カーラを雇用。工芸+1と縫製+1が付く事を期待する。
商会の造船マスターにシーダー製ガレアス+17%をつくってもらう。
商用ガレアスとして以後、移動・交易の要となる。
カーラを連れてインドへ造船修行の旅へ出発。
造船R7+2でサムブークを量産しながら造船修行。
めでたく造船R8へ到達。ロットNo4、1000枚たまった。
副官カーラの特性値がわからない。主計長にしても大成功が増えた気がしない。
やっぱり解雇するべきか悩み、いったん欧州に帰ることにする。
セイロンで購入支援を受けルビーとサファイアをカテ4連打で積み込み。
造船しすぎで、貯金も含めて全財産90万にまで追い詰められる。
この宝石交易が失敗したら破産の危機。
航海の途中でYOPに鬼と呼ばれる事件発生。
新しく追加されたカーボヴェルデの西の新海域をつかって安全に帰還成功。
無事にプリマスで宝石をうっぱらい、所持金13Mまで回復。
ロットNo4、1000枚を景品交換。カテ3の割合が多い事が判明。
カテ3 1180枚、カテ4 980枚貯まる。
コペンで宝石支援を受けながらカテ4連打で琥珀を満載する。
東地中海に売りに行く途中、インド帰りのYOPに会う。
見るとあと1レベルで商用ガレオン&副官が交易10レベル。
アテネまで連行し、満載の琥珀800個を売らせて強制的にレベル上げ。
YOP商人LV35、副官商人LV10到達。ついでに私の副官も交易LV10。
なんとダメダメだと思っていた家のカーラさんの主計特性が85Sだった!
一生添い遂げることを決意。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。